外資系への転職

英語ができない人が、外資系を目指す方法

外資系への転職

「英語を使う仕事がしたい」「グローバルに活躍できる環境で働きたい」という思いから、外資系への転職を考える人も少なくありません。しかし、実際のところ、外資系で働く場合、どの程度の英語レベルが求められるのでしょうか?

今回の特集では、外資系で働く際に必要となる英語のレベルと、外資系へ転職する方法を紹介します。外資系への転職を考えている方はもちろん、英語を使って仕事をしたいと考えている方、グローバルに活躍できる環境で働きたいと考えている方は、本特集を参考に、外資系で働くために必要な英語のレベルや、外資系へ転職する方法をチェックしましょう。

Pickup 外資系に強い転職エージェント

リクルートエージェント・画像

業界No.1の転職実績を誇る転職エージェント。
外資系の求人数も業界トップクラスを誇っており、英文レジュメの書き方や英語での面接対策等のサポートを受けることができる。
日本に根付いている外資系企業の求人も多く、英語が苦手な人は要チェック

JACリクルートメント・画像

外資系企業や海外進出企業への転職に強みを持つ転職エージェント。
各業界や職種に特化したキャリアコンサルタントが在籍し、転職をサポート。ネイティブのキャリアコンサルタントによる英語での面接対策等も受けることができる
英語を活かして外資系に転職したい人におすすめの転職エージェント。

01外資系で働くのに、英語は必須?

「外資系=英語で仕事をする」というイメージを持つ人も多いですが、外資系で働く際、本当に英語は必要なのでしょうか?

英語ができなくても外資系で働ける?

一口に「外資系」と言っても、求められる英語のレベルは企業によって様々。英語が必要で高い英語力が求められる企業もあれば、実際には英語がほとんど必要ない企業もあります。
たとえ現時点で高い英語力がなかったとしても、それだけで外資系の企業で働くことをあきらめる必要はないと言えるでしょう

ちなみに、求人で「原則英語が必要ない」と記載している企業でも、書類やメールのやり取りでは英語が必要・・・というケースもあるので、外資系で働くのであれば、最低限、基礎的な英語の読み書きは身に付けておく心構えは必要です。

外資系の求人例

実際に外資系の求人を見てみると、採用条件に英語が必要な企業もあれば、英語が必要ない企業もあります。

採用条件に英語あり

外資系企業 A社
企業情報 世界トップクラスのクラウドサービスを提供
雇用形態 正社員
募集職種 カスタマーサービス
仕事内容 カスタマーからの問い合わせ対応、海外の開発チームへのエスカレーション
募集対象者 ビジネスレベルの英語力があり、お客さま対応の職務経験がある方
必須スキル
日本語による、メールや電話でのお客さま対応経験
ビジネスレベルの英語スキル(目安:TOEICテストスコア700点以上)
給与 年俸450万円以上

採用条件に英語なし

外資系企業 B社
企業情報 世界最大級のクーポン情報サイトを運営
雇用形態 正社員
募集職種 企画・営業
仕事内容 クーポンの企画・提案
募集対象者
  • 学歴不問、業界・営業経験一切不要
  • 接客や販売経験など、対人スキルが活かせる
給与 月給20万円~50万円+インセンティブ(毎月の営業成績を社内基準に基づいて評価)
モデル年収例
年収402万円(24歳・営業職):月給28万円+インセンティブ

上記の求人例からもわかるように、英語は外資系で働くための必須条件ではありません。
しかし、もし外資系の企業で出世し、大きくキャリアアップしていきたいと考えているのであれば、英語のスキルは身に付けておいたほうが断然有利。なぜなら、外資系の上層部は英語を使用しているケースが多いからです。
出世・キャリアアップを望む人は、英語の勉強に時間を割く必要があるといえるでしょう

02英語が活かせる外資系へ転職するために、必要な英語を身に付ける方法

それでは、英語が必要となる外資系へ転職する際に求められる英語のレベルは、いったいどの程度なのでしょうか。
英語が必要な外資系の求人を見てみると、英語スキルについて、以下のような記載がありました。

 英語を活かして外資系へ転職する際に求められる英語スキル

※実際の求人を参考

ビジネスレベルの英語スキル
目安:TOEICテストスコア700点以上
英会話、英文読解、英作文
海外のチームとやり取りができる高い英語力
英語読解力
アメリカ本社から送付される資料が英語であるため
英語に対する抵抗がない方
日常的に英語でのコミュニケーションあり。また、社内メールの多くが英語。将来的に海外での交渉業務あり

上記の項目を見ると、取引相手や同僚が英語を使用している場合、英語でビジネストピックをやり取りすることは必須と考えられます。また、書類仕事をする際に、英語のライティングスキル・リーディングスキルも必要だと言えるでしょう。

Column 英語が必須ではない場合でも・・・

英語のスキルが必須ではない外資系の求人でも、英語のスキルについて以下のように記載されているケースも。

  • 例1:英語のスキルは必須ではありませんが、語学力を活かしたい方は、活かせる環境があります
  • 例2:英語力に自信のある方は、海外のクライアントも担当していただきます
  • 例3:英語が得意な方は、英語を活かしたプロジェクトもあります

英語のスキルがあることで、転職が有利に進む可能性があると言えるでしょう

ビジネスレベルの英語を身に付ける方法

英語を使う外資系へ転職する際におすすめなのが、ビジネス系オンライン英会話の利用です。
日本人のほとんどは、文法や単語の知識はあっても、スピーキングのスキルが足りていません。そこで、スピーキングスキルを上げるため、オンライン英会話を利用し、会話の経験を毎日積むことが非常に効果的です
英会話教室という選択肢もありますが、通学の手間やコストパフォーマンス、レッスンの時間を総合的に考えると、多忙なビジネスパーソンにはオンライン英会話が適しています。

最近では、英語面接に対応したビジネス系オンライン英会話や、ライティングの練習もできるオンライン英会話なども。無料体験レッスンを利用して、自分に合ったオンライン英会話を探してみると良いでしょう。

 編集部おすすめ!オンライン英会話

ビズメイツ

ビズメイツ・画像

レッスン料金 月額
  • 毎日25分プラン:12,000円(税込)
  • 毎日50分プラン:18,000円(税込)
レッスン形式 マンツーマンレッスン
無料体験レッスン 25分レッスン×1回

ビズメイツは、ビジネスに特化したオンライン英会話。英語初心者から、ネイティブ並みの会話スキルを持つ人まで、幅広いレベルに対応している。
レッスンでは、英語面接対策、資料や英文メールの添削、プレゼンテーションの予行練習等、実践的なビジネス英語を学ぶことが可能
実践的なビジネス英語を身に付けたい人におすすめのオンライン英会話。

ビズメイツ 公式サイトへ

レアジョブ

レアジョブ・画像

レッスン料金 月額(※料金例)
  • 毎日25分プラン:6,264円(税込)
  • 毎日50分プラン:10,476円(税込)
※上記価格に+1,058円(税込)で「ビジネス英会話コース」「TOEIC対策コース」等が利用可
レッスン形式 マンツーマン・25分~
無料体験レッスン 25分レッスン×2回

レアジョブは、受講者数26万人以上を誇る大手オンライン英会話。
レアジョブでは、「ビジネス英会話コース」にも力を入れており、ビジネスシーンで通用する実践的な英会話をはじめ、プレゼンテーションやディスカッションのスキルを身に付けることができる。
リーズナブルな価格でビジネス英語を身に付けたい人は要チェック

レアジョブ 公式サイトへ

ベストティーチャー

ベストティーチャー・画像

レッスン料金 月額9,800円(税込)
レッスン形式 チャット形式のライティングレッスンと、オンライン英会話レッスン(マンツーマン・25分)を交互に実施
無料体験レッスン ライティングレッスン×1回
オンライン英会話レッスン×1回

スピーキングとライティング両方のレッスンを受講することができるオンライン英会話。 ベストティーチャーでは、ビジネス向けの教材を豊富に用意。初級・中級・上級のレベル別に、学びたいビジネスシーンに合わせたレッスンを受講することができる。
話す力と書く力を一度に身に付け、英語力をアップしたい人におすすめのオンライン英会話。

ベストティーチャー 公式サイトへ

英会話を鍛える方法を詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

Pickup! ビジネス英会話をオンラインで鍛えよう

03外資系へ転職する方法

外資系へ転職するために必要な英語力は、最初に述べたように企業によって大きく異なります。たとえ、現時点で自身の英語力が高くないからといって、あきらめる必要はありません。まずは、自分の英語力にマッチした外資系求人があるか、転職エージェントを利用して調べてみると良いでしょう。
外資系に強い転職エージェントであれば、英語が必要ない外資系求人を見つけることが可能です。さらに、業界・職種ごとに外資系で必要な英語力の傾向についても把握しているため、外資系への転職に役立つ情報を得ることもできるでしょう

万一、自分の希望する業界・職種に、現状より高い英語力が必要な場合は、転職をいったんとどまり、英語のスキルを磨くのも1つの選択肢。判断に迷うようであれば、転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談してみると良いでしょう。

 外資系への転職に強い!転職エージェント紹介

リクルートエージェント

リクルートエージェント・画像

リクルートが運営する、業界No.1の転職実績を誇る転職エージェント。外資系の求人数も業界トップクラスを誇り、外資系企業の情報も豊富に取り扱う。
英文レジュメの書き方や英語での面接対策にも対応している等、サポート面も充実。外資系への転職を検討する際は、まず登録しておきたい転職エージェント。

リクルートエージェント

JACリクルートメント

JACリクルートメント・画像

外資系企業や海外進出企業への転職に強みを持つ転職エージェント。各業界や職種に特化したキャリアコンサルタントが在籍し、転職をサポートしてくれる。
また、ネイティブのキャリアコンサルタントも在籍しており、英文レジュメのチェックや、英語での面接対策を受けることも可能。英語を活かして外資系に転職したい人に特におすすめの転職エージェント

JACリクルートメント

外資系へ転職する際、英語のスキルがあることは転職活動を進める上でも有利になる可能性が高くなります。
しかし、転職は英語のスキルが全てではありません。たとえ英語のスキルがあったとしても、仕事のスキルが足りなければ、転職を成功させることは難しいでしょう。
つまり、転職を成功させるためには、自分がこれまで身に付けてきたスキルや経験が何よりも重視され、英語のスキルは、その上で転職の選択肢を広げてくれる手段です
自分のやりたいことや英語のレベルから、自分にあった外資系企業を見つけ、外資系への転職を成功させましょう。