高性能イヤホンで英語が上達?イヤホンとリスニングの関係

  • 公開日:

英会話の上達に欠かせない、リスニングの練習。普段からリスニング用の教材や、洋楽等を使ってリスニングの練習をしているという人も多いのではないでしょうか。
リスニングを鍛える際は、口コミで評判の良い教材を調べるなど、教材選びに注意が向きがちですが、実は音声を聞くための「イヤホン」も上達のスピードを大きく左右します

イヤホンを使ったリスニングの効果

英語では、2つの単語の発音が融合して1つの単語に聞こえたり、過去形の「-ed」の発音が弱かったりと、リスニングのレベルが上がるほど、小さな音の変化に気がつくことが必要です。しかし、100均イヤホンやスピーカーでは、雑音が混ざったり、音の変化を表せなかったりと、変化に気づくことが難しくなります。

イヤホン

そこで、ぜひ利用したいのが、性能の良い数千円以上のイヤホンです。
イヤホンを性能の良いものに変えることにより、今までは聞き取れなかった変化が聞き取れるようになり、リスニング力が上がっていきます
例えばごくわずかにしか発音されない「I've ~」の「ve」の発音がわかるようになれば、完了形のニュアンスを踏まえて意味を聞き取れることができ、実際の英会話でも変化に気がつきやすくなります。

イヤホンを良いものに変えるだけで、リスニングの上達が見込めるのです。

リスニング用イヤホンの選び方

イヤホンの性能は、一般的に高音・中音・低音の音質が重要な目安となりますが、音楽などはなく、人の音声がシンプルに流れる リスニング教材の場合、重視したいのは遮音性。周りの人の声や雑音をどれだけシャットアウトできるかが、微妙な発音の聞き取りを左右します

イヤホンの中で遮音性が高いのは、カナル式という耳の穴に密着させるタイプのイヤホン。現在発売されているイヤホンの中でも主流のタイプで、ノイズキャンセリング機能など、さらに遮音性に特化した製品もあります。一般的に、イヤホンの価格帯は【~3,000円】の低価格帯、【3,000~10,000円】の中価格帯、【10,000円~】の高価格帯があり、性能にこだわるのであれば、最低でも3,000円以上のものを購入するのがおすすめです。

コスパが高いイヤホンをAmazonでチェック

リスニング教材や上達法に加えて、気にしたいイヤホン。少し奮発して高級なものを購入すれば、元を取るためにリスニング練習を続けやすくもなります。
高性能イヤホンで、今までは聞き取れなかった発音を、聞き取ってみてはいかがでしょう。