英語の試験がなくなる?
大学入試改革を見据えた大学の施策とは

  • 公開日:

文科省が取り組む「大学入試改革」のもと、今までのセンター試験に代わるものとして、新試験の導入が予定されています。しかし、なかでも英語については、現段階から大学単位で新たな取り組みを行っていることをご存知でしょうか。

○○があれば英語科目を免除

受験勉強

大学入試改革の特徴は、リーディング・リスニング偏重からの転換。「発信する英語力」を身につけるために、スピーキング・ライティング力を評価できる問題を、2020年からの新試験で出題すると明記されています。
それを踏まえて、大学入試においては、スピーキング・ライティング能力の証明となる「4技能資格」を入試に利用する動きが活発に

今までも推薦入試・AO入試の出願条件として英語資格が挙げられることはありましたが、今回の動きはそれとは異なり、一定レベル以上の4技能英語資格を持つ学生に対し、一般入試の英語試験自体を免除する形式が主流です。例えば、上智大学ではTEAPという4技能英語資格で一定以上のスコアを持つ学生は、英語試験がない「TEAP利用型一般入試」に出願することができます。

有名大学でも採用

外部の英語資格を利用した一般入試制度を利用している大学は、全国各地に広がっています。
先ほど例に挙げた上智大学や、MARCHの一角である立教大学中央大学はすでに導入を行っている代表的な大学。さらに、早稲田大学や、国立の筑波大学も導入を予定しています。

人気の4技能英語資格とは?

今後も増えると思われる、民間資格を利用した一般入試。しかし、具体的にどの資格が大学受験において「使い勝手がよい」かは、2015年の時点では見通しが不明です。各大学で必要とされる4技能資格は、TOEFLや英検、IELTSなど既存の4技能資格に加え、上智大学が開発したTEAPなど様々
ちなみに、TOEICは2技能試験であるため、4技能重視をにらんだ大学入試に利用されることは少ないと考えられます。

今後TOEICでも4技能試験に対応することは予想されますが、現段階では資格利用型一般入試における存在感は薄いといえるでしょう。