ゲームで楽しく英語学習!おすすめのDSゲーム3選

  • 公開日:

ニンテンドーDSから英語学習ができるゲームソフトが発売されているのをご存知ですか?
ニンテンドーDSは学習用ゲームに強く、英語学習ができるゲームを多数リリースしています。英語を聞いてリスニングしたり、タッチペンでディクテーションをしたりと、ニンテンドーDSの特性を活用したゲームが大きな魅力。机もテキストもいらないため、電車やカフェでのスキマ学習にもぴったりです。
英語学習ソフトは様々なものが発売されていますが、今回は本気の英会話編集部がセレクトしたおすすめゲームを3つご紹介します。

英語が苦手な大人のDSトレーニング もっとえいご漬け・画像

英語学習ゲームの中でも人気が高いソフト。2006年に初代の「えいご漬け」が発売され、続編として翌年に「もっとえいご漬け」が発売されました。耳で聞いた英会話をタッチペンで正確に書き取るという、ディクテーションという学習方法が中心で、日常生活でよく使うフレーズが厳選して出題されます
また、ナレーションは各国のなまりや登場人物の感情を踏まえているため、実用的な英会話力が自然と定着。レベル変更機能もついており、自分の実力に合わせて無理なく英語学習を楽しむことができます。

えいごで旅する リトル・チャロ・画像

「えいごで旅する リトル・チャロ」は、NHKで放送された英語テレビアニメをベースとしたゲーム。もちろんテレビで「リトル・チャロ」を見たことがない人でも、十分楽しめる内容です。
「リトル・チャロ」の特徴は、子犬・チャロが活躍するストーリーを楽しみながら、英語の学習ができる点。ニューヨークで迷子になったチャロが飼い主の元へ戻るまでの冒険は、勉強のためということも忘れてしまうほど夢中になってしまいます。さらに、ストーリーには英語のゲーム、パズル、クイズなどが挿入されており、英語学習にも手を抜いていません。
セリフの数は、テレビアニメの約4,800語に対し、約18,000語まで増量。また、字幕の切り替え機能もついているのでレベルに合わせて英語学習が可能です。

初歩からはじめる 大人の英単語練習・画像

本当に初歩的な英単語を学びたい人や、他の英語学習ゲームが難しかった人におすすめの毛0無。耳で英語を聞き、目でイラストを見て、単語を書いて覚えるというシンプルな3ステップで効率よく英語学習をすることができます。時間制限もないので、空いた時間に気楽に取り組むことができ、ゲーム感覚で英単語を身につけることが可能。複雑な操作もなくDS初心者にも親しみやすいゲームです。
「初歩からはじめる 大人の英単語練習」には、基本の英単語を学ぶ「エブリディレッスン」の他、習得の確認をする「テスト」、実用的な言葉を学べる「スペシャル」など、豊富な学習モードが用意されています。さらに、間違った単語を反復練習したり、自分だけの単語帳を作ったりできる機能も。多彩な勉強方法を駆使して、飽きずに英語学習を続けられるでしょう。

ニンテンドーDSのゲームソフトの価格は4,000円前後。中古なら1,000円以下で売られていることもあります。ハードを持っていない場合は最初に購入が必要ですが、楽しく英語学習したいならば、検討されてみてはいかがでしょう。なお、今回紹介したソフトはDS、3DSの両方に対応しています。
英語学習は楽しく続けるのが一番。参考書やオンライン英会話などの「きちんとした」勉強以外に、楽しんで続けられる英語学習法を取り入れてみてはいかがでしょう。