英語学習の手助けにおすすめ!注目を集める「ポケット翻訳機」とは?

  • 公開日:

2017年末から2018年にかけ、相次いでポケット翻訳機が発売され、注目を集めています。

コミュニケーション

ポケット翻訳機は、海外旅行の際など、外国人とのコミュニケーションをよりスムーズにしてくれる便利なツール。また、英語でのちょっとした会話表現を確認する際などに使えば、日ごろの英語学習に役立てることも可能です

そこで今回の「本気の英会話」ニュースでは、この「ポケット翻訳機」に注目。編集部がおすすめする「ポケトーク」「ili(イリー)」の2つのポケット翻訳機の対応言語や翻訳機能等について、ご紹介します。

01おすすめのポケット翻訳機 その1:ソースネクスト「ポケトーク(POCKETALK)」

ソースネクスト「ポケトーク(POCKETALK)」

おすすめポイント
  • 60以上の言語翻訳に対応
  • 簡単なフレーズはもちろん、長文の翻訳も可能
価格
  • ポケトーク(本体のみ):24,800円(税抜)
    …Wi-Fi対応エリアでのみ使用可能
  • ポケトーク+専用グローバルSIM(2年):29,800円(税抜)
    …グローバルSIMに対応している世界62の国であれば、Wi-Fiが無い環境でも使用できるモデル(※2年後に延長の申し込み可能)
※「+2,980円」で端末保証を付帯することが可能。
対応言語 63言語(※2018年1月23日現在。今後も拡大予定)
…日本語、英語、中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語など
翻訳機能 双方向(日本語→外国語/外国語→日本語)
サイズ・重量 高さ:110mm×幅:60mm×厚さ:16mm/約90g
カラー ブラック、ホワイト

PCソフトの販売・開発を手掛ける「ソースネクスト」がオランダの「Travis社」と共同開発し、2017年12月に販売を開始したポケット翻訳機。ディスプレイに表示される言語をタップし、その言語で話すだけで簡単に翻訳することができる。
また、翻訳結果は、ディスプレイにテキストで表示される他、スピーカーから音声として出力することも可能。(※ただし、音声として出力されるのは、音声出力対応言語のみ)

価格は、本体のみが24,800円(税抜)で、Wi-Fiエリアのみでの翻訳に対応。
グローバルSIMが付属し、Wi-Fiエリアに加え、グローバルSIM対応地域でも翻訳が行える「ポケトーク本体+専用グローバルSIM(2年間 ※2年後に10,000円で延長の申し込み可能)」のセットが29,800円(税抜)となっている。

また、ポケトークは、日本語、英語、中国語、韓国語等、60以上の言語の翻訳に対応。さらに、「日本語(※他の言語でも可)→外国語」「外国語→日本語(※他の言語でも可)」の双方向翻訳を行うこともできる。ちなみに、ポケトークは、クラウド上で翻訳処理を行うため、瞬時に精度の高い翻訳結果を表示することが可能。さらに、長文の翻訳に対応している点もチェックしておきたい。

英語学習はもちろん、海外旅行や外国人とのちょっとしたコミュニケーションを目的にポケット翻訳機の利用を検討する際、ポケトークは有力な候補の一つと言えるだろう。

Column 本気の英会話編集部がポケトークを体験!

簡単操作&翻訳精度の高さが魅力

Musio(ミュージオ)

ポケトークは、スマートフォンより1・2回り小さいコンパクトサイズ。操作方法はシンプルで、「電源を入れる 話す言語側のボタンを押し、音が鳴ったら話す 翻訳される(※音声+画面表示)」の3ステップで、簡単に話した内容を翻訳すことが可能です。
実際に使ってみて驚いたのが、翻訳精度の高さ。「空港に行きたいので、タクシーを呼んでもらえませんか」「鍵を部屋の中に忘れてしまったのですが、開けていただけますか」等、ある程度長い文章でも正確に翻訳することができました。
さらに、ポケトークでは、話した内容が画面に表示され、その後に翻訳されため、自分の話した内容が正確にポケトークに聞き取られているかを確認することができます。自分の伝えたい内容が翻訳機に正しく伝わっているかわからない状態で、翻訳されてしまうのは不安なもの。この点でも、ポケトークは安心して利用できる翻訳機だと感じました。

ネット環境には注意が必要!?

その一方で、やや気になったのが、ポケトークの利用がネット環境に左右される点。ポケトークの利用には、インターネットへの接続が必須なのですが、ネット環境の悪いところでは、翻訳されるまでに時間がかかり、そのまま翻訳されなかった...ということがあったので、この点には注意が必要です。

英会話の勉強にもおすすめ

ポケトークには、20件まで履歴を表示・再生する機能もあるので、この機能を利用し、英会話でよく使うフレーズをストック+覚えておくことで、実際に外国人と会話をする場面でも、スムーズにコミュニケーションを取ることが可能です。
また、「日本語→英語」の翻訳機能を利用して、英作文の内容を確認する、「英語→日本語」の翻訳機能を利用して、自分の話す英語がきちんと伝わる内容になっているかをチェックすることで、英語学習に役立てられる点も便利だと感じました

ポケトークは、外国人とのコミュニケーションをよりスムーズにしてくれるだけではなく、使い方によっては、英会話の学習にも役立てることができる便利なツール
外国人とのよりスムーズなコミュニケーションや、英会話の上達を目的に、ポケット翻訳機を使いたいと考えている人にとって、ポケトークは、利用を検討したいおすすめのポケット翻訳機といえるでしょう。

※写真のポケトーク専用カバーは別売(1,800円)

02おすすめのポケット翻訳機 その2:ログバー「ili(イリー)」

ログバー「ili(イリー)」

おすすめポイント
  • 旅行会話に特化したポケット翻訳機
  • インターネットへの接続不要。オフラインで利用できる
価格 19,800円(税抜)
対応言語 3言語(出力言語:英語、中国語、韓国語)
※入力言語は日本語のみ
翻訳機能 一方向(日本語→英語、中国語、韓国語)
サイズ・重量 高さ:121.8mm×幅:33mm×厚さ:13mm/約42g
カラー ホワイト

「ログバー」が開発・販売を手掛ける旅行会話に特化したポケット翻訳機。
本体のボタンを押した状態で日本語を話し、話し終えたらボタンから指を離すことで、瞬時に指定した出力言語(※英語、中国語、韓国語)に翻訳することができる。ちなみに、翻訳結果は音声として出力。翻訳スピードが、最速0.2秒と速く、タイムラグを感じることなく翻訳できる点は、ili(イリー)の大きな魅力と言えるだろう

また、インターネットへの接続が不要で、オフラインでの翻訳に対応している。価格は19,800円。高さ121.8mm×幅33mm×厚さ13mmとコンパクトなボディに加え、約42gと軽量を実現している点もチェックしておきたい。
その他にも、「タクシー」「おでかけ」「食事」「お買物」と、海外旅行のシチュエーション別に、海外旅行専用の辞書を搭載し、高精度の翻訳ができる点も嬉しい

「日本語→英語、中国語、韓国語」の一方向の翻訳にのみ対応している点、ディスプレイが無く、音声で翻訳結果を確認しなければならない点には注意が必要だが、ili(イリー)は、最低限必要な機能だけを凝縮したポケット翻訳機。
旅行会話に特化していることに加え、持ち運びにも便利なサイズ・重量を実現し、価格もリーズナブルなので、ili(イリー)は、海外旅行にポケット翻訳機を持っていきたいと考えている人であれば、ぜひ利用を検討したい。

「日本語→英語(または英語→日本語)」を瞬時に翻訳することができるポケット翻訳機。
翻訳の精度も高く、翻訳スピードも速いため、今後、海外旅行時や、訪日外国人への観光案内等、実際に外国人とのコミュニケーションが必要になる様々な場面で目にすることが増えると考えられます。

その一方で、大切なのは、英語で外国人とコミュニケーションを取る際に、ポケット翻訳機に頼りすぎないこと。ポケット翻訳機で会話をするのではなく、わからない表現やフレーズをポケット翻訳機で確認し、その表現・フレーズを自分の口で話すようにすることで、より効率よく英語が身に付けられ、英語の上達も早まります
英語を身に付けるための学習ツールとしてポケット翻訳機を上手に活用し、スムーズに英語でのコミュニケーションを楽しみましょう。