ECCとイーオン(AEON)を比較!

料金・レッスンプランの違いは?

ECC vs イーオン(AEON)

  • 更新日:

ECC、イーオン(AEON)といえば、どちらも知名度が高く、全国に教室を展開している英会話教室。安心感や立地の問題から、2つの英会話教室のうちどちらを選ぼうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回はECCとイーオンの気になるポイントを比較。自分にぴったりの英会話教室を選ぶ参考にしてください!

01ECCとイーオン(AEON)を比較 レッスンコース

ECCとイーオン(AEON)ではは、生徒の人数ごとにコースを複数用意しています。

ECC イーオン(AEON)
レギュラーレッスン・80分クラス
《 ~8人 》
グループレッスン
《 8人前後 》
レギュラーレッスン・45分クラス
《 ~6人 》
ラウンドアップレッスン
《 1~5人 》
マンツーマンレッスン
《 1人 》
プライベートレッスン
《 1人 》
フリータイムレッスン
《 ~4人 》

※ ポイント購入制。レッスン人数・時間を指定可能

注意したいのはECCの授業時間について。ECCには80分レッスン、45分レッスン、40分レッスンがあり、時間によって定員人数や料金も異なります。

ECC イーオン(AEON)
レギュラーレッスン・80分クラス
《 80分 》
グループレッスン
《 50分 》
レギュラーレッスン・45分クラス
《 45分 》
ラウンドアップレッスン
《 50分 》
マンツーマンレッスン
《 80分 》
プライベートレッスン
《 40分・50分・60分 》
フリータイムレッスン
《 40分 》

ECCもイーオンもグループレッスン・マンツーマンレッスンがあるという点は共通していますが、人数や時間が少しずつ異なるため、レッスンに対する自分の希望(人数は少ないほうがいい、長い時間で集中してやりたいなど)をまずは再確認すると良いでしょう
なお、ECCでは上記で紹介したスタンダードなレッスンコースの他に、「土曜・日曜3ヶ月集中」コース、「ウェブレッスンコース」も用意しています。忙しくてなかなか教室に通えないという方は、こちらを検討するのも良いでしょう。

まとめECCはレッスンコースが複雑。ただしその代わり色々なプランを選べる。

02ECCとイーオン(AEON)を比較 料金

英会話教室選びを大きく左右する料金。ここでは1年間レッスンに通う場合に必要な料金を試算します。また、その金額を元にレッスン1回あたりのレッスンも求めてみましょう。
※料金の計算はサイトの情報に加え、教室で試算してもらった数字を基にしています。

まず最初はECCです。

≪ ECCのレッスン料金 ≫

レギュラーレッスン・80分クラス レギュラーレッスン・45分クラス フリータイムレッスン※1
授業データ 人数 ~8人 ~6人 ~4人
※今回は1人で試算
レッスン時間 80分 45分 40分
レッスン数 40回 40回 40回
時間・曜日 毎週固定 毎週固定 自由予約
講師 バイリンガル講師 バイリンガル講師 外国人講師
授業料金 250,400円 156,400円 368,960円
MyECC 315円/月 315円/月 315円/月
初期費用 入学金 21,600円 21,600円 21,600円
教材費 24,000円 24,000円 24,000円
合計金額 299,780円 205,780円 418,340円
レッスン単価 6,260円 3,910円 9,224円

※1 フリータイムレッスンをマンツーマンで試算
※2 マンツーマンレッスンは詳細なデータがなかったため省略

ECCのレッスンを1年間受講する場合、レッスンの回数は40回。80分クラス・45分クラスともに、年払いで20万円台となっています。一括払いではなく分割払いを選択する場合、ここに利子が加わります。

次にイーオンの料金です。
イーオンはチャプター1で説明したコースを組み合わせて、何種類もレッスンプランを作成しています。特に人気がグループレッスンプランと、グループレッスン+ラウンドアップレッスン、そしてマンツーマンプランを確認してみましょう。

≪ イーオン(AEON)のレッスン料金 ≫

グループレッスン ラウンドアップレッスン8ヶ月+グループレッスン4ヶ月 マンツーマンレッスン(8ヶ月プラン)
授業データ 人数 8人前後 ~5人/8人前後 1人
レッスン時間 50分 50分 50分
レッスン数 44回 44回 30回
時間・曜日 毎週固定 毎週固定 自由予約
講師 外国人orバイリンガル講師 外国人orバイリンガル講師 外国人orバイリンガル講師
授業料金 127,008円 234,576円 320,760円
システム管理費(12カ月分) 10,368円 10,368円 10,368円
初期費用 入学金 32,400円 32,400円 32,400円
教材費 26,860円 23,530円 不明(20,000円として仮定)
合計金額 196,636円 300,874円 383,528円
レッスン単価 2,886円 ラウンドアップ:6,732円
グループレッスン:2,886円
10,692円

※金額は校舎によって異なります
※左2つの料金は体験レッスン時点

レッスン1回あたりの授業料を表す「レッスン単価」をECCと比較してみると、グループレッスンが安い一方で、ラウンドアップレッスンの高額さが目立ちます

まずグループレッスンに着目してみると、80分6,260円のECCに対し、イーオンは50分2,886円。定員8人のグループレッスンのレッスン単価はイーオンが大幅にお得なことがわかります。
一方、少人数グループのレッスンに関してはやはり割高な印象を受けます。ECCの少人数レッスンは定員6人・45分レッスンで3,910円、イーオンは定員5人・50分レッスンで6,732円です。定員・レッスン時間の差を考慮しても差を感じる値段設定のように思われます。

ただ、イーオンは時期によって入学金無料キャンペーンや割引キャンペーンを実施しており、トータルの値段でお得になることも。これに関しては一度公式サイトを確認してみるのが良いでしょう。

ちなみに、マンツーマンレッスンに関しては両者とも1万円前後の設定。受講期間によっても料金は変わりますので、こちらは参考までにして、詳しくは教室でたずねると良いでしょう。

まとめグループレッスンはイーオン、少人数レッスンはECCが安い。

03ECCとイーオン(AEON)を比較 講師

英会話教室の講師は、日本人のバイリンガル講師と外国人講師の2種類。ECCとイーオンはバイリンガル講師・外国人講師の両方を採用しており、授業によって担任の先生がどちらか異なります。

ECCの場合、レギュラーレッスン(グループレッスン)はディスカッション英会話コースを除きバイリンガル講師が担当。イーオンはグループレッスン・ラウンドアップレッスン共にバイリンガル講師と外国人講師がクラスを持っています。
両者ともスタンダードなレッスンは曜日・時間・担当が決まった固定授業のため、まずは毎週通学できるクラスを選択し、その後講師を選ぶという形になるでしょう

ちなみに、採用活動を行っている地域の違いから、ECCはアメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア出身者、イーオンはアメリカ出身者が多いようです。

まとめECCはバイリンガル講師の可能性高

今回の特集を読んで気になる英会話教室を決めることができたら、ぜひ体験レッスンへ出かけてみてください。英会話教室の良し悪しは、それぞれの教室によっても異なります。最寄の教室の雰囲気はどうか、講師の対応はどうかをきちんと確認するようにしましょう