The movie is called...(その映画のタイトルは)

原題The Shawshank Redeption

邦題『ショーシャンクの空に』

解説

原題『The Shawshank Redeption』は、1994年にアメリカで公開され、第67回アカデミー賞において7部門にノミネートされたヒューマンドラマ『ショーシャンクの空に』のこと。原作は、スティーブンキングの中編小説集『恐怖の四季(※新潮文庫「ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編」)』に収められている「刑務所のリタ・ヘイワース」。
無実の罪でショーシャンク刑務所に収監された銀行員のアンディ(ティム・ロビンス)が、刑務所の中でも希望を持ちながら生きていく姿を描いた物語です。

原題『The Shawshank Redeption』にある「redeption」は、「買戻し:(約束の)履行、救済、贖罪」という意味。作品の舞台が刑務所であることから、このタイトルになっていると考えられます・・・が、実は、それ以外にも、「redeption」の意味を感じさせる場面があり、タイトルの「redeption」には、様々な意味が込められていると考えられます。
本作を鑑賞する際は、ぜひこの点にも注目してみると良いでしょう。

一方、邦題は、『ショーシャンクの空に』。「空」は希望や自由を連想させ、主人公が、刑務所の中でも希望を捨てずに生きる姿にフォーカスしたタイトルになっています。

ちなみに本作は、「脱獄映画の傑作」とも称される作品。
重厚なストーリーはもちろん、原題と邦題の違いにも注目し、本作を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Study

  • redeption:買戻し、(約束の)履行、救済、贖罪

作品を見る

ショーシャンクの空に・画像

『ショーシャンクの空に』

Amazonプライムビデオ
年会費:3,900円(税込)※30日間無料体験可能

  • 英語字幕対応: