The movie is called...(その映画のタイトルは)

原題Trouble with the Curve

邦題『人生の特等席』

解説

原題『Trouble with the Curve』は、2012年にアメリカで公開され、「マディソン郡の橋」「ミリオンダラー・ベイビー」「硫黄島からの手紙」等の映画監督として知られるクリント・イーストウッドが主演を務めたヒューマンドラマ『人生の特等席』のこと。
家庭を顧みず、メジャーリーグのスカウトマンとして生きてきたガス(クリント・イーストウッド)と、弁護士としてキャリアを積むミッキー(エイミー・アダムス)・・・これまで疎遠になっていた父と娘が、仕事を通して再び親子の絆を取り戻すまでを描いた物語です。

原題『Trouble with the Curve』を訳すと、「カーブの問題」。「カーブが打てないのは選手の問題」といった意味のセリフとしても作中に登場します。
また、「curve」は、本作のキーとなる言葉。「曲線」「(野球の)カーブ」「曲がり角」といった意味があり、作中ではこうした様々な「curve」を思わせるエピソードが描かれています。

一方、邦題は『人生の特等席』。原題とはややかけ離れたタイトルになっています・・・が、ラストにこの邦題が意味するものが描かれていますので、ぜひチェックしてみるとよいでしょう。

原題と邦題の違いはもちろん、原題・邦題それぞれに込められた意味にも注目し、本作を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Study

  • curve:(名詞)曲線、(野球の)カーブ、曲がり角

作品を見る

人生の特等席・画像

『人生の特等席』Blu-ray & DVD

3,980円(税込)

  • 英語字幕対応