The movie is called...(その映画のタイトルは)

原題Captain Fantastic

邦題『はじまりへの旅』

解説

原題『Captain Fantastic』は、第69回カンヌ映画祭「ある視点」部門において、作品がノミネートされ、監督・脚本を務めたマット・ロスが監督賞を受賞したロードムービー「はじまりへの旅」。公開当初、わずか4館のみでの上映でしたが、口コミで評判が広がり、上映館数は600館にまで拡大。4ヵ月以上のロングラン・ヒットを記録した作品です。
本作は、アメリカ北西部の森の中で、現代社会から離れて暮らしていた父と6人の子供達が、入院中に亡くなった妻(母)の葬儀と彼女が残した願いを叶えるため、ニューメキシコへ2,400kmの旅に出る物語を描いています。

原題『Captain Fantastic』の「captain」は日本語に訳すと「キャプテン、リーダー」。「fantastic」は「とても素晴らしい」という意味が一般的ですが、「風変わりな、奇妙な」という意味もあり、本作の場合は、こちらの意味の方が有力だと考えられます。つまり、原題を直訳すると「風変わりなキャプテン」。現代社会から距離を置き、森の中で暮らす家族のキャプテン(父親)である主人公ベン(ヴィゴ・モーテンセン)のことを指しています。

一方、邦題は、『はじまりへの旅』。妻(母)の葬儀と、彼女が残した願いを叶えるため、家族が旅に出ることから、「旅」にフォーカスするタイトルになっています。

原題と邦題の違いに加え、2,400kmにおよぶニューメキシコへの旅の先に、家族が何を見つけるのか…にも注目し、本作を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Study

  • captain:(名詞)キャプテン、リーダー
  • fantastic:(形容詞)とても素晴らしい、風変わりな、奇妙な

作品を見る

いまを生きる・画像

『はじまりへの旅』DVD

3,051円(税込)/英語字幕対応

▼Amazonプライムで楽しむ

『はじまりへの旅(字幕版)』※PG12

年会費:3,900円(税込)※30日間無料体験可能
英語字幕非対応