英会話教室受講料の20%が戻ってくる「教育訓練給付金制度」とは?

  • 公開日:

給付金

英会話教室への通学には、レッスン料金に加え、入会金やテキスト代等が発生し、何かと高額になりがちです。
スキルアップのために英会話教室に通いたいと考えている方の中には、料金面がネックとなり、一歩がなかなか踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そうした際に、上手く活用したいのが「教育訓練給付金制度(一般教育訓練給付金制度)」です。実は、この制度を利用すれば、対象のコースを最大10万円安く受講することが可能。
できるだけ安い料金で英会話教室に通いたいと考えている人にとって、嬉しい制度といえるでしょう。

今回の本気の英会話のニュースでは、この「教育訓練給付金制度」について、わかりやすくご紹介します。

教育訓練給付金制度(一般教育訓練給付制度)とは?

教育訓練給付金制度(一般教育訓練給付制度)とは、労働者のスキルアップや再就職の促進を目的に、国が対象コースの受講費用の一部を支給する制度のこと。
所定の条件を満たした会社員が、厚生労働大臣が指定した「教育訓練給付金制度対象コース」を受講し、コース修了後に申請を行うと、コースの受講に支払った料金(教育訓練諸経費)のうち20%(※最大10万円)がハローワークから支給されるというものです

この教育訓練給付金制度の利用条件は以下の通り。

教育訓練給付金制度(一般教育訓練給付制度)の利用条件

初めて利用する場合
雇用保険加入期間が満1年以上
2回目以降に利用する場合
雇用保険加入期間が、前回の受講開始日から通算3年以上、かつ前回の支給決定日から3年以上

ちなみに、自分が教育訓練給付金制度を利用できるかどうかは、管轄のハローワーク問合せをすれば知ることができます。

また、教育訓練給付金制度の利用方法は以下の通りです。

教育訓練給付金制度(一般教育訓練給付制度)の利用方法

Step1 教育訓練給付金制度の対象コースを受講

 ▼

Step2 対象コース修了後、教育訓練給付金の「支給申請手続き」を行う。
※支給申請の手続き期間は、対象コース終了日翌日から1ヵ月間

 ▼

Step3 支給申請手続き完了後、教育訓練給付金が支給

所定の条件を満たしていれば比較的簡単に利用できる点は、チェックしておきたいポイントといえるでしょう。

教育訓練給付金制度(一般教育訓練給付制度)が利用できる英会話教室

ただし、教育訓練給付金制度が、全ての英会話教室で利用できるわけではない点には注意が必要です。
以下では、教育訓練給付金制度が利用できるおすすめの英会話教室、および教育訓練給付金制度のコースをご紹介します。

教育訓練給付金制度が利用できるおすすめの英会話教室

ECC外語学院

ECC外語学院・画像

教育訓練給付金制度対象コース
英会話コース(12ヵ月・全40回)
ビジネスイングリッシュ(12ヵ月・全40回)
英会話プライベートレッスン(12ヵ月・全40回)
TOEIC L&R TEST集中(7ヵ月・全20回)
ECCグローバルコミュニケーション専科(レベル2・3)(11ヵ月・全185回) など

GABAマンツーマン英会話

GABAマンツーマン英会話・画像

教育訓練給付金制度対象コース
ビジネス英会話(有効期限3~12ヵ月・75回コース)
日常英会話(有効期限3~12ヵ月・75回コース)

※対象コースの受講には、Gabaレベル3以上の英会話力が必要
※TOEIC L&R 公開テスト(通常:税込5,725円)も無料で受講可能
※教育訓練給付金の対象となるのは、入会金+レッスン料金分。テキスト代は対象外

イーオン

イーオン・画像

教育訓練給付金制度対象コース
一般教育訓練給付金制度対象コース(ビジネス英会話、日常英会話)

ベルリッツ

ベルリッツ・画像

教育訓練給付金制度対象コース
ビジネス英語 マンツーマンコース(10ヵ月・週1回)
ビジネス英語 少人数レッスンコース(12ヵ月・週1回)

教育訓練給付金制度(一般教育訓練給付制度)を利用すれば、対象コースの受講修了後、受講料金の20%(※最大10万円)が戻ってきます。できるだけ安い料金で英会話教室へ通いたいと考えている方であれば、教育訓練給付金制度は、ぜひチェックしておきたい制度です。

対象のコースが決まっている点には注意が必要ですが、スキルアップを目的に、英会話教室への通学を検討している方は、教育訓練給付金制度を上手く活用してみてはいかがでしょうか?