英会話を効果的に上達させるおすすめの教材

英会話の上達法 - ウィークポイント別 おすすめ教材

英会話の上達法

00英会話を上達させるために必要な条件は?

英会話がなかなか上達しないと嘆いている人。そもそも英会話に必要なスキルをご存知ですか?

受験英語であれば、「文法」や「長文読解」、「単語」など、取り組むべき分野が細分化されているため、自分の弱点に合った対策をとることができます
しかし、英会話の上達を目指そうと思っても、自分の弱点や取り組むべき分野を絞り込むのが難しいため、何から手をつけたら良いのかわからなくなってしまいます。

そこで、今回は英会話に必要なスキルを分析し、3つのステップに細分化。行き詰まりを打破し、上達へと結びつける方法を解説していきます。

01英会話上達法:英会話の3つのステップ

私たちが日本語で会話する際、無意識の内に行っている3つのステップがあります。それは、「リスニング」「文章構成」「発話」。これは英語での会話でも同様です。このステップのうち、1つでも苦手なものがあると、俗に言う「ペラペラ」の状態にはなりません。

リスニング

相手が喋っている内容を聞き取り、理解すること。会話のスタート地点であり、リスニングがしっかりできないと、そもそも会話が成立しません
相手の言っていることがわからない、何度も聞き返してしまうという人は、英語の発音を意味と結びつける練習 を行い、リスニング力を強化しましょう。

文章構成

英語で話しかけられた内容を聞き取り、それに対する答えがはっきりしていても、言葉に詰まって結局は「あー・・・」と黙ってしまう。そんなことはありませんか。
特に英語で会話する際、私たちはまず文章を頭の中で組み立てています。この組み立てに時間がかかる人は、スムーズな返事ができず、会話が滞りがちになってしまいます

一見難しく、多くの人がつまづくポイントですが、何かを喋ろうとするたびに一から文章を組み立てる必要はありません。使いまわせる構文を頭にストックしておくことで、会話のレスポンス速度は飛躍的に上昇します

この「文章構成」と次の「発話」を同時に行えるようになると、ネイティブスピーカーのようにナチュラルな英会話を楽しめるようになります。

発話

上記のステップで構成した文章を、実際に口に出すステップが「発話」です。
発話で重要なのは、英語用の口を作ること。正しい文章で話したのに、聞き返される・意味が通じないという人は、イントネーションや語の区切り、抑揚のつけ方がネイティブスピーカーと異なっていることに原因があります。

また、私たちが日本語を話すとき、最初に文章を構成して、それを口に出すことはほとんどないでしょう。 特に雑談では、文章を組み立てていることを意識せず、考えたことをそのまま話しているはずです

英会話の最終到達地点も同じ。英会話が上達したといわれる状態(=文章構成と発話を同時にこなしている状態)に到達するには、2つのステップのタイムラグを縮める訓練をする必要があります
そのため、上記の文章構成を鍛える際は、常に発話をセットで行いましょう。

勉強・読書

以上が英会話で重要な3つのステップですが、これらのステップのレベルを上げるためには「文法・単語知識」を身につける必要があります
マニアックな知識まで覚える必要はありませんが、最低でも中学生レベルの文法・単語知識がないと、上記のステップの成長が伸び悩むことになります。

スポーツに例えるならば、文法・単語知識が走り込みなど基礎体力をつける部分。この基礎体力がついていないとリスニング・文章構成・発話といった応用力がしっかり身に付きません
英会話の上達を目指すのであれば、まずはしっかり基礎体力をつけておきましょう。

02英会話上達法:おすすめの英会話教材&上達法

自分の苦手分野がわかったら、下の表をチェック。それぞれのステップに向けたおすすめの教材と、その教材を活用した上達法を解説します。

文法・単語知識 リスニング 文章の組み立て 発話
文法系参考書・単語帳 リスニング教材 瞬間英作文 海外ドラマ・映画
ディクテーション シャドーイング
英会話教室・オンライン英会話・留学

全てのステップを対策&実践練習

 英会話教室・オンライン英会話

英会話教室やオンライン英会話での会話は、スポーツにおける練習試合。強化したスキルを実際の英会話で使えるよう、回路をつなげる非常に重要なトレーニングです
英会話教室やオンライン英会話を利用すれば、ただ単に英会話をこなすだけでなく、個人の弱点を見つめなおし、効果的な方法で英会話の力を上達させることができます。

英会話教室とオンライン英会話は、価格やレッスン形態、講師などが各社ごとに大きく異なります。
英会話教室は価格帯は高いですが、レベルの高い講師陣によるレッスンを提供。一方でオンライン英会話は、月1万円以内という割安な価格で、スカイプを通して英会話を毎日練習できる点が最大の特徴です。

当サイトでは、評価の高い英会話教室・オンライン英会話をランキング。各社のサービス内容や料金を比較しています。利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

オンライン英会話最大手が繰り出す格安プラン!

オンライン英会話比較をチェック

ネイティブスピーカー講師と月謝制度が良い!

英会話教室比較をチェック

文法・単語知識

 文法系参考書

中学校の文法がうろ覚えという人は、文法に特化した対策を行わなければ、英会話の上達が頭打ちになります。

この機会に中学校の文法から出直したい人におすすめなのが「1億人の英会話」。
杓子定規に文法を暗記するのではなく「ネイティブスピーカーはどう理解しているか」というコアイメージを通して、応用が利く文法知識を身につけることができます

この参考書を繰り返し読み込み、内容を身につけることができれば、英会話の上達のスピードが上昇することでしょう。

 単語帳

英会話上達のために専門的な単語を覚える必要はありませんが、日常英会話を上達させたいなら、日常的に使える単語の習得は必須。その際は一度に単語帳をやりきってしまうのではなく、1つの単語帳を繰り返し使用し、内容を定着させるようにしましょう。

おすすめの単語帳は「DUO 3.0」。1つの例文の中に重要単語がいくつも含まれており、効率的に単語を習得することができます。

リスニング

アルク 1000時間ヒアリングマラソン

完成度が高く、大ボリュームのリスニング教材。中~上級者が使うと特に高い効果を発揮します。リスニング力を鍛えるのはもちろんのこと、使い方次第で発話や文章構成のトレーニングにも利用可能。

教材の内容は、CD2枚が付属したマンスリーテキストと、ハリウッドスターへのインタビューなどエンタメ関連の教材が豊富な学習誌EnglishJournalの2つ
バラエティ豊かな内容や、楽しみながら学ぶことができる構成が、英会話学習者から根強い人気を誇っています

NHKラジオ講座

NHKが毎日放送している無料のラジオ英会話講座。レベル・目的別に講座が多数用意されており、リスニングはこの講座で、シャドーイングはこの講座で、と使い分けができるのが嬉しいポイント。
「英語で読む村上春樹」など日英の翻訳について学べる講座もあり、リスニングにとどまらない使い方が可能です。

講座によっては放送後1週間ネットでストリーミング再生を行うことができるため、忙しく時間がないという人にも使いやすい教材でしょう。

 番外|ディクテーション

リスニングをして聞き取った単語を書き出していくトレーニング
リスニングの正確さを鍛えるだけでなく、実際に文字として書き出すことで、リスニングでは見落としがちな文法事項についても学習することができます

リスニング教材でこの訓練をすることで高い効果が見込めますが、時間と負荷がかかる訓練なので、週に1回休みの日に行うなど、バランスよく取り組みましょう。

文章構成

 瞬間英作文系参考書

文章構成力を鍛えるためには、ただ英語の質問に英語で答えるだけではなく、即座に使える構文を頭の中にストックしておくことが大切。構文単位で表現をマスターすると、単語を変更するだけで発話できるため、レスポンス速度が上昇します。

そのためには、日本語の文章から瞬時に英語の文章を組み立てる「瞬間英作文」の練習が大事。「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」では、英語の文章を組み立てる力を鍛えながら、実際の英会話で使用できる「使える構文」を頭の中にストックすることができます。

発話

 海外ドラマ・映画

海外ドラマ・映画はナチュラルな英会話の宝庫。下記で紹介する「シャドーイング」の手法を使って、楽しみながらネイティブスピーカーの発音・イントネーションを学ぶことができます。

その際、気に入っている作品のDVDを買って何度も観るという方法も良いですが、おすすめしたいのはhuluを使った学習方法。huluは海外ドラマ・映画を月額933円(税抜き)で見放題のサービス。英語の字幕を表示できる作品も多く、DVDを購入したりレンタルするよりも割安にトレーニングができます

 番外|シャドーイング

「シャドー(影)」のように、リスニングで聞き取った音声を、そっくり真似するトレーニング方法。リスニング音声が全て流れ終わってから発声するのではなく、一拍置いてからすぐに喋り始めるのがポイントです。

初級者は英語のスクリプトをみながら、中~上級者は耳だけを頼りに行うと効果的。海外ドラマや映画など、好きなエンタメ作品で役者を真似するように行うと、楽しみながらトレーニングを行うことができます。

03まとめ

「英会話の上達法」特集、いかがでしたか?

自分の弱点を自覚したら、後はその部分を伸ばす訓練をしていきましょう。
英会話は3つのステップのどこかに弱点があると、全体のレベルまで下がるもの。逆に言えば、ひとつの弱点が大きく足を引っ張っている場合、それをカバーすることで飛躍的に上達する可能性も十分ありえます。

ただ、英会話の学習をする際は、ひとつに注力するのではなく、得意なスキルも定期的に鍛えるとより効果的。日本に住んでいると英語に積極的に触れる機会が少ないため、やらなかった時間の分だけ学習した内容を忘れていきます。
苦手なステップを克服し、得意なステップは実力を維持できるよう、バランスよく英会話の学習に取り組みましょう。