英会話の勉強におすすめのチャットアプリ3選

メリット・デメリットは?

英会話の勉強におすすめのチャットアプリ3選

  • 更新日:

チャットアプリを利用して、英会話を勉強しよう!

英語の勉強に、まとまった時間を確保するのが難しく、スキマ時間を利用して、手軽かつリーズナブルに勉強をしたいと考えている方は、多いのではないでしょうか?

そうした方におすすめなのが、英会話の勉強用に作られた「チャットアプリ」の活用です。チャットアプリを使えば、スマホやタブレットで、会話(チャット)を楽しみつつ、ネイティブを含む様々な外国人講師から、英作文をチェックしてもらうことが可能。また、友達感覚でチャットを送ることができるため、「英語の勉強」を意識しすぎることなく、気軽に取り組め、続けやすい点も大きな魅力でしょう。

そこで今回は、英会話の勉強に特化した「チャットアプリ」に注目。チャットアプリを利用するメリット・デメリットに加え、本気の英会話編集部が厳選したおすすめのチャットアプリについてもご紹介します。
スマホやタブレットから、チャットで気軽に英会話の勉強をしたいと考えている方は、本特集を参考に、自分に合ったチャットアプリを見つけ、楽しく英会話を学びましょう!

01 チャットアプリのメリット・デメリット

まずはじめに、チャットアプリを利用して英会話を勉強するメリット・デメリットを確認しましょう。

英会話の勉強にチャットアプリを活用するメリット

チャットアプリのメリット その1
時間や場所を選ばず、24時間365日いつでも、気軽に楽しく英会話の勉強ができる

ヘッドホン

チャットアプリは、スマホやタブレットがあれば、通勤時や就寝前など、ちょっとしたスキマ時間を利用していつでも英会話の勉強をすることが可能です。さらに、チャットの利用には予約の必要がなく、気が向いたときにすぐチャットでやり取りができる点も魅力。24時間365日、自分の都合に合わせてチャットで英会話の勉強ができる点は、チャットアプリを利用する大きなメリットといえるでしょう。

チャットアプリのメリット その2
すぐに英文を添削してもらえ、効率的に勉強できる

チャットアプリでは、チャットを送った後、講師からすぐに返信がもらえます。その際、チャット内の英文に、文法やスペルの間違いがあった場合、講師からすぐにフィードバックを受けることが可能。間違いをすぐに直してもらえ、効率よく勉強できる点は、英会話の勉強にチャットアプリを利用する大きなメリットでしょう。

チャットアプリのメリット その3
英語を話す必要がない

チャットアプリでは、基本的に、文章(英文)でやり取りを行うため、英語を話す必要がありません。そのため、対面で英会話を行う場合と比較し、心理的なハードルが低く、気軽に英会話の勉強をすることが可能です。また、チャットアプリの中には、チャットの相手がAI(人工知能)のものも。英語にあまり自信がなく、いきなり外国人相手にチャットを行うのは抵抗がある…という場合は、AIが相手のアプリを利用し、まずは英語でのチャットに慣れるのもおすすめです。

チャットアプリのメリット その4
講師がネイティブの場合、「生きた英語」を学ぶことができる

女性

チャットアプリでは、ネイティブを含む外国人講師がチャット内容を添削することがほとんど。アプリのなかには、ネイティブのみを講師として採用しているものもあり、ネイティブとのチャットを通して、より生きた英語を学ぶことが可能です。この点も、英会話の勉強にチャットアプリを利用するメリットの一つ。

チャットアプリのメリット その5
マイクやヘッドセットといった準備が必要ない

チャットアプリは、オンライン英会話とは異なり、マイクやヘッドセットといった機材は必要なく、スマホまたはタブレットがあれば、すぐに英会話の勉強をすることが可能です。また、チャットでのやり取りのみとなっており、顔や周辺環境が相手に見られることもないため、勉強する際の服装や部屋の様子に気を遣う必要がない点も、チャットアプリのメリットでしょう。

英会話の勉強にチャットアプリを活用するデメリット

チャットアプリのデメリット その1
スピーキング、リスニングのスキルを鍛えるのが難しい

リスニング・イメージ

チャットアプリでは、講師とのチャットのやり取りを通じて、英文を読み解く力(リーディングスキル)・英文を作成する力(ライティングスキル)を鍛えることが可能です。
その一方で、チャットアプリの場合、英語で講師と会話をする機会は基本的にないため、スピーキングやリスニングのスキルを鍛えるのが難しい点には注意が必要

リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの英語4技能を全体的に鍛えたい場合、チャットアプリに加え、オンライン英会話や英会話教室等、他のサービスも併用するのがおすすめです。

チャットアプリのデメリット その2
学習習慣を身につけにくい

チャットアプリには、「予約不要でいつでも利用できる」というメリットがありますが、その気軽さから、チャットアプリでの勉強よりも、スマホを使う際、ゲームや友達とのやり取りを優先してしまい、気が付くと、数日間アプリを利用していない…ということも。

就寝前の5分間や、会社帰りの電車の中など、定期的にチャットアプリを利用する時間を決め、できるだけ毎日英会話の勉強に取り組めるようにすることが大切です。

チャットアプリのデメリット その3
出会い目的の講師に遭遇する場合も

チャットアプリには、運営会社が直接講師を採用しているものもありますが、数あるチャットアプリのなかには、一般の人が登録し、講師として参加できるものも。

そのため、なかには、英会話を楽しむ・教えることよりも、出会い目的でチャットアプリの講師をしている人がいる点には注意が必要です。チャットアプリを利用する際は、どのような人が講師を担当しているのか、事前にしっかり確認しておきましょう。

02 英会話の勉強におすすめのチャットアプリ3選

次に、本気の英会話編集部が厳選した、おすすめのチャットアプリをご紹介します。チャットアプリを使って英会話の勉強をしたいと考えている方は、以下を参考に、自分に合ったものを見つけましょう!

HiNative Trek(ハイネイティブトレック)

料金(税込)
  • 月額プラン:9,800円
  • 年額プラン:98,000円(月あたり8,167円)
HiNative Trekの主なサービス
  • 実践的なビジネス英語を手軽に学習できる
  • ライティングに加えて、発音もスキルアップ可能
  • 同時通訳の第一人者、関谷英里子氏監修の教材を採用
無料体験 ×

HiNative Trek(ハイネイティブトレック)は、語学学習のサポートツールを幅広く提供する「Lang-8」のチャットアプリ。
HiNative Trekの特徴は、ライティングスキルに加え、発音も鍛えられる点。HiNative Trekでは、1日1問出題される課題の英訳に加え、その英文を読み上げた音声もセットで講師に提出する仕組みを採用。そのため、一般的なチャットアプリで鍛えられるリーディング・ライティングに加え、英語の発音も鍛えることができる。さらに、チェックされた英訳に疑問がある場合、講師にチャットを送ると、すぐに回答が返ってくる点も、チェックしておきたいポイント。
また、HiNative Trekでは、原則として1人のユーザーにつき1人の講師が添削を担当。長くサービスを利用することで、文章や発音の傾向・癖についても、指摘してもらうことができる点は、他のチャットアプリにはない、HiNative Trekの大きな魅力といえるだろう。さらに、時間がなく提出できなかった課題は、後からまとめて提出することもでき、支払いを無駄にする心配がない点もチェックしておきたい。
ちなみに、HiNative Trekで1日1問出題される課題は、アル・ゴア元米副大統領や、フェイスブックCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏などの同時通訳を務めた、関谷英里子氏が監修。英語学習に効果的な要素が詰まっており、効率良く実践的なビジネス英語を勉強することができる。
HiNative Trekは、ビジネス英語をしっかり身に付けたい方や、リーディング、ライティング力に加えて発音もスキルアップしたい方におすすめのチャットアプリ。

HiNative Trek(ハイネイティブトレック)の公式サイトへ

eigooo(エイゴ―)

料金(税込)
  • 1ヵ月プラン:3,980円
  • 3ヵ月おまとめプラン:10,746円(月あたり3,582円)
  • 6ヵ月おまとめプラン:19,104円(月あたり3,184円)
  • 12ヵ月おまとめプラン:33,432円(月あたり2,786円)
eigoooの主な特徴
  • 24時間365日いつでもチャットが可能
  • 「フリートーク」「言葉遊び」など、4種類の日替わりトークテーマを用意
  • 厳しいテストと面接に合格した人材のみを講師として採用
無料体験 20回分のメッセージが無料

eigooo(エイゴ―)は、世界20ヵ国以上の講師と1対1でチャットができるアプリ。
eigoooでは、24時間365日、いつでも予約不要で、講師とのチャットに対応。通勤時やスキマ時間など、「今、チャットで英会話の勉強をしたい!」と思ったタイミングで、すぐに講師とチャットでのやり取りができる。また、アプリには、辞書機能や翻訳機能もついているため、チャットの中でわからない単語が出てきた場合も、すぐに意味を確認可能。わからない単語の意味を確認するために、わざわざブラウザや他のアプリを起動する必要がなく、アプリ内でスムーズに英語でのチャットを楽しめる点は大きな魅力といえるだろう。
さらに、チャットで英会話の勉強をする際、何をテーマにチャットをすればよいのかわからない方のために、eigoooでは複数のトークテーマを用意。「フリーチャット」「今日のTOEIC単語(TOEIC頻出単語を利用したフリートーク)」「言葉遊び(英単語を利用したゲーム)」「今日のテーマ(指定のテーマについてのフリートーク)」の4つから、好きなテーマを選べるため、チャットの話題に困る心配もない。ちなみに、講師と話が合わず、違う講師に切り替えたいと思った場合は、「設定」アイコンからすぐに切り替えることができる。
また、eigoooでは、厳しいテストと面接に合格した人材のみを講師として採用。英語の知識や添削力を心配することなく、安心してチャットでのやり取や、英文のチェックをしてもらうことができる点も嬉しい。
自分の都合に合わせていつでもチャットができ、ストレスなく英会話の練習ができるeigoooは、英会話の勉強にチャットアプリを利用する際、有力な選択肢の一つといえるだろう。

eigooo(エイゴ―)の公式サイトへ

Andy English bot(アンディイングリッシュボット)

料金(税込)
通常
無料
プレミアムプラン
…グラマーレッスンのテーマ、ボキャブラリーの単語、チャットトピックのアンロックが可能
One-month subscription:800円
One-year subscription:2,300円(月あたり192円)
Lifetime premium:3,680円
Andy English botの主なサービス
  • AIを相手に、気軽に英会話を勉強できる
  • ボキャブラリーやグラマーの勉強も可能
  • チャットをした日数や書き込んだワード数などを数値で把握可能
無料体験 プレミアムプランは7日間の無料体験が可能

Andy English bot(アンディイングリッシュボット)は、AIを相手に英会話の勉強ができるチャットアプリ。
Andy English botの最大の特徴は、「対人」ではなく、「対AI」でチャットができる点。特に英語初心者の場合、いきなりネイティブスピーカーと英語でチャットのやり取りをするのはハードルが高く、躊躇してしまうケースが多いため、AIを相手に恥ずかしさやプレッシャーを感じることなく、英語でチャットができる点は、大きな魅力といえるだろう。
また、Andy English botでは、ボキャブラリーとグラマーの勉強をすることも可能。アプリ内には、チャットに加え、様々な機能があり、英会話に必要なスキルを幅広く身につけられる点はチェックしておきたい。さらに、チャットのやり取りがデータで保存される他、連続してチャットを続けた日数や書き込んだワード数、学習したボキャブラリーの数など、学習記録が全て表示されるのも嬉しい。
その一方で、Andy English botには、添削機能がない点には注意が必要。間違った文法を使っていた場合でも、AIからのコメントはないため、自分が作成した英文が文法的に正しいか不安がある場合や、わからない単語があった場合は、都度確認すると良いだろう。
まずは、AI相手に英会話の練習をしたい方や、様々な機能を持つチャットアプリを利用したい方に、おすすめのチャットアプリとしてチェックしておきたい。

Andy English bot(アンディイングリッシュボット)の公式サイトへ

まとめ

英会話の勉強に役立つチャットアプリをご紹介した本特集は、いかがだったでしょうか?

チャットアプリを利用すれば、ちょっとしたスキマ時間を活用し、英会話の勉強をすることが可能です。さらに、スマホを使うついでに英会話の勉強ができるため、気軽に取り組め、他の英会話学習ツールと比較して、継続しやすい点も大きな魅力。
また、多くのチャットアプリでは、チャットで送った内容を、講師が添削し、フィードバックをすぐに受け取ることができるため、効率よく勉強することができることに加え、オンライン英会話や英会話教室とは異なり、予約が必要なく、勉強したいと思ったタイミングですぐに取り組める点も、チャットアプリの魅力でしょう。

英会話の勉強にチャットアプリの利用を考えている方は、本特集を参考に、自分に合ったチャットアプリを見つけ、楽しく英会話の勉強を始めましょう!