高密度英語トレーニング「STRAIL(ストレイル)」

MENU

STRAIL(ストレイル)を体験!

ENGLISH COMPANYが提供する高密度英語トレーニング「STRAIL」を体験!評判のサービスを本音でレビュー

はじめに

数ある英語パーソナルジムの中でもトップクラスの人気を獲得しているENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)が、2019年1月から新サービス「EGNLISH COMPANY THE CONSULTANT(イングリッシュカンパニー ザ・コンサルタント)」の提供を開始。2020年4月にはサービスの名称を『STRAIL(ストレイル)』に改め、再スタートを切りました。

本サービスは、専属コンサルタントによる週2回のマンツーマントレーニングが中心の従来までのサービスとは異なり、英語学習のコンサルティングに特化することで、月額料金を大幅ダウン
英語パーソナルジムに興味はあるものの、料金が高すぎて難しいという方でも受講しやすいサービスとして、評判を呼んでいます

今回の本気の英会話の特集は、編集部がSTRAIL(ストレイル)を実際に体験。STRAIL新宿スタジオに足を運び、そのサービスを体験してきました。

STRAILのサービスの特徴や、実際に体験した内容を踏まえ、この評判のサービスを利用価値や、どのような方に向いているサービスなのかを本音でレビューします。

英語パーソナルジム「ENGLISH COMPANY」とは?

ENGLISH COMPANYは、大学受験予備校を母体とする教育ベンチャー「スタディーハッカー(旧 恵学社)」が運営する英語パーソナルジム。母語以外の言語の習得過程などを科学的に解明する「第二言語習得研究」の知見をベースとした学習メソッドを採用しており、短期集中型のトレーニングで効率よく英語力を伸ばせると人気を集めている。パーソナルトレーナーの質の高さも大きな魅力。

関連特集英語パーソナルジム体験談 -ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)を横浜で無料体験

調査人:まいまい
英検2級取得。社会人になってから3ヵ月間カナダへの留学経験あり。日常英会話が何とかできるレベル。現在、TOEICを勉強中(※2019年1月時点の最高スコア560点)…だが、なかなか思うように勉強ができず、今年こそどうにかしたいと思っている。

STRAIL(ストレイル)の基本データ

STRAIL 公式サイトへ行く

ENGLISH COMPANY・画像

料金(税込)
入会金
5万5,000円
コース料金
2ヵ月コース18万7,000円
3ヵ月コース28万500円
6ヵ月コース56万1,000円
延長料金(1ヵ月間)
9万3,500円
  • 別途、無料/有料のグループレッスンあり
学習期間(目安) 3ヵ月間 ※受講延長可
スタジオ 新宿、銀座、大宮、北浜(2020年4月現在)
サービスの特徴
  • 2019年1月から開始した英語パーソナルジム「ENGLISH COMPANY」の新サービス
  • 英語学習のプロフェッショナルによる質の高いコンサルティングが魅力
  • 言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見をベースにしたカリキュラムで効率よく英語を身に付けることが可能
  • 1ヵ月当たり9万3,500円(税込)からとリーズナブルな料金を実現

STRAIL 公式サイトへ

STRAILを体験 その1 新宿スタジオの雰囲気

新宿スタジオの内観・画像

今回、STRAILのサービスを体験するにあたり、STRAIL新宿スタジオへと足を運びました。スタジオがあるのは、JR新宿駅南口から徒歩3分ほどの場所にあるビル。駅直結ではないものの、駅近のビルにスタジオがあるので、新宿駅を利用することが多い人にとって、通いやすい立地と言えるでしょう。

エレベーターで2階へ行き、扉が開くと、目の前にSTRAILの受付が。その奥には、海外の図書館をイメージした、クラシカルで落ち着いた雰囲気の自習スペースが広がっていました。新宿駅の近くでありながら、スタジオ内は静かで、集中して英語の勉強に取り組めそうな空間です

自習スペース内の席数は全部で30。隣の席との距離や、机の奥行きが広く、一人分の学習スペースは大きめです。さらに、各席には、学習用のiPadが設置され、自由に利用できるようになっています。この学習環境は◎。

スタジオは毎日10:00から22:00まで開校しており、この時間内であれば、受講生は受講期間中、自由にスタジオ内で自習することが可能です。素晴らしい学習環境が整っているため、STRAILを受講する際は、どんどん活用すべきでしょう。

STRAILを体験 その2 コンサルティングを体験

STRAILでは、週1回(60分)、専属コンサルタントによる対面のコンサルティングを受けることができ、これがサービスの大きな特徴になっています
今回は、実際のコンサルティングを一部体験してきました。

担当コンサルタント 黒澤 隆之さん
黒澤 隆之さん・画像
大学ではサリンジャーやフィッツジェラルドなどのアメリカ文学を専攻。英語で書かれた様々な文学に触れ、英語力を磨く。さらに、大学在学中から学習塾で英語講師として活躍。アメリカ ハワイ州、インドネシアでの在住経験も持つ。
その後、自身の経験を活かし、より高いレベルで英語学習に関われる場所としてENGLISH COMPANYに入社。英語学習のプロフェッショナルとして、数多くの受講生の英語学習サポートに携わる。

コンサルティングは、自習スペースの隣にある個室にて行います。個室も自習スペース同様、落ち着いた雰囲気のおしゃれな作り。がっしりした豪華な椅子が印象的です。

コンサルティングは、「アセスメント」と「コンサルティング」の2本立て。
「アセスメント」で受講生の英語学習における現状の課題を発見し、「コンサルティング」で課題解決のための学習方法の提案や、学習の進捗状況の確認等を行います

アセスメントを体験~速読リーディング~

速読リーディングのテキスト・画像
横浜スタジオの内観

今回は、課題発見のアセスメントとして、初回コンサルティング時に実施する「速読リーディング」を体験しました。
この「速読リーディング」とは、脳内で英文の意味を処理するスピードを上げ、英文を速く読めるようにするトレーニングのこと。「リーディング」とありますが、音声も使用してトレーニングを行うため、リーディング力はもちろん、リスニング力を鍛えることも可能です。
ちなみに、この速読リーディングは、英語パーソナルジム「ENGLISH COMPANY」でもメインで行っているトレーニングでもあります。

速読リーディングでは、TOEICの音声(30~40秒程度のもの)を使用し、以下の7ステップでトレーニングを行いました。

Step1 音声を聞き(※メモは取らない)、聞き取れた内容を日本語で説明する
Step2 言語化(どのような英語で表すか)
Step3 再度音声を聞き、聞き取れた内容を日本語で説明する
Step4 英文を黙読し、聞き取れなかった箇所を確認
Step5 チャンクリーディング:英文を意味のかたまり(チャンク)で捉える練習
Step6 英文を音読
Step7 シャドーイング

受講生のレベルによって、重点的に取り組む内容は異なるとのことですが、筆者の場合は、Step1~3、Step5を重点的に行いました。

ステップごとにコンサルタントの方から、「しっかり意味が捉えられています」、「次はここを意識して聞いてみましょう」というように、都度アドバイスをいただけるので、自分に何ができていて、何ができていないのかを把握しながらトレーニングを進めることができました

筆者はENGLISH COMPANYの体験トレーニングでも、この速読リーディングを行ったことがあるのですが、やはりはじめはよく聞き取れなかった英文が、ステップを重ねるごとに、だんだん理解できるようになるため、改めて効果の高いトレーニングだと感じました。

ENGLISH COMPANYの無料体験談はこちらをチェック

関連記事
英語パーソナルジム体験談 -ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)を横浜で無料体験 英語パーソナルジム体験談 -ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)を横浜で無料体験

STRAILでは、初回コンサルティング時に速読リーディングのやり方を確認し、次回以降は、上記Step1~7の内容をまとめたテキスト(冊子)を使い、受講生が各自自習。次回コンサルティング時に、シャドーイングを行い、1週間の成果をチェックするとのことです。

英語学習コンサルティングを体験

アセスメント(速読リーディング)を終えると次は英語学習コンサルティング。アセスメントの内容を踏まえ、受講生の現時点での課題および、その解決方法についてのアドバイスを受けることができます。

筆者の場合は、大きくわけて、以下の3点に課題があるとのこと。

  • 単語力
  • チャンクリーディング
  • 音声知覚(音声変化の自動化)
速読リーディングのテキスト・画像

筆者の傾向として、リーディングの際もリスニングの際も、意味のわからない単語があると、その時点で、単語の意味を処理するのに時間がかかっているそうです。この課題をクリアするためには、単語力を鍛え、英文を「チャンク」と呼ばれるかかたまりごとに意味を捉えられるようになること。それができれば、より速く英文が読めるようになると力強いアドバイスをいただけました。

また、「連結」や「脱落」、「弱形」といった英語の音声変化を聞き取れるようになるとリスニング力がグッと上がるとのアドバイスや、それぞれの課題に対し、どのようなトレーニングが有効なのかに関する説明も。

コンサルタントの方は、さすが英語学習のプロ中のプロ。「こうなっているから、こうした点に課題があって、こう勉強すると良い」というのを論理立てて具体的に説明してくれるため、わかりやすく、頭にスッと入ってきます。また、内容が的確で、素直にさすがだなと感じました

独学で英語の勉強をしていると、何となくできていない箇所があっても、「何がどうできていないのか、だからどう勉強すると良いのか」を自分で把握するのは難しいもの。コンサルタントの方に定期的に英語学習の現状や課題をチェックしてもらい、それに対しての解決策を提示してもらえる点は、効率よく英語学習を進めたい人にとって、大きな魅力と言えるでしょう。

STRAILのサービスを本音でレビュー

さて、ここからはSTRAILの特徴・コンサルティングの体験を踏まえ、サービスを本音でレビューしていきます。

STRAILを本音でレビュー その1 コンサルタントについて

コンサルタントについて・画像

STRAILに在籍するコンサルタントは、全員、大学院や大学などで、英語に関する専門的な知識を得て、教育の現場にも関わった経験のあるプロフェッショナルとのこと。さらに、人間が第二言語を身に付けていくメカニズムとプロセスを科学的に解き明かす学問領域「第二言語習得研究」にも精通しており、科学的な知見から、受講生の英語の課題を発見し、受講生に合った学習方法を提案してくれるので、その的確さには素直に驚きます。

英語学習のプロによる質の高いコンサルティングが受けることができ、自分に合った方法で効率よく英語学習に取り組める点は、STRAILならではの大きな魅力といえるでしょう

ちなみに、STRAILでは、毎週1回(60分)、定期的にコンサルティングを実施。受講生の英語学習の課題を発見するとともに、その課題を解決するための具体的な学習方法を提案してもらうことができます。
また、コンサルタントによる学習サポートもしっかりしており、STRAILの受講を通して、英語力を伸ばしつつ、英語の学習習慣を身に付けることができる点もチェックしておきたいポイントです。

STRAILを本音でレビュー その2 料金について

コンサルタントについて・画像

STRAILの特徴の一つは、ENGLISH COMPANYの既存のコース、他の英語パーソナルジムの料金と比較しても、リーズナブルな料金を実現している点です。

STRAILの料金は、「入会金:5万5,000円(税込)」+「コース料金(3ヵ月):28万500円(税込)」の合計33万5,500円(税込)、入会金を含めると、1ヵ月あたりの料金は11万1,833円
これは、従来のENGLISH COMPANYのサービスと比較しても約半額です。

STRAILとENGLISH COMPANYの料金を比較(税抜)

STRAIL ENGLISH COMPANY
(全レベル対応コース)
学習期間 3ヵ月 3ヵ月
料金(税込)
  • 入学金:5万5,000円
  • コース料金:28万500円

合計:33万5,500円

  • 入学金:5万5,000円
  • コース料金:54万4,500円
    (※月額18万1,500円)

合計:59万9,500円

1ヵ月あたりの料金
※入学金含む
11万1,833円(×3ヵ月) 19万9,833円(×3ヵ月間)

また、ENGLISH COMPANYをはじめ、多くの英語パーソナルジムは、月額料金を15万円~20万円前後に設定しているところが多いため、1ヵ月あたり約11万円で利用できる点は、大きな魅力。特にこれまで、料金の高さが気になり、英語パーソナルジムの受講を諦めていた人は、要チェックでしょう

ただし、リーズナブルな料金を実現している一方で、カリキュラムにパーソナルトレーナーによるマンツーマンレッスンが含まれていない点には注意が必要です。
ENGLISH COMPANYでは、パーソナルトレーナーによる学習サポート(コンサルティング)に加え、週2回(※1回45分)のマンツーマンレッスンがカリキュラムに含まれていますが、STRAILの場合、コンサルティング部分に特化。マンツーマンレッスンに当たる部分を、受講生による自習+グループレッスンとすることで、1ヵ月あたりの料金を大幅にダウンしています。

また1ヵ月あたり11万1,833円(税込)という金額は、一般的な英会話教室に通う場合と比較すると、決して安いとは言えません。
STRAILを利用してしっかり英語力を伸ばすためには、毎週コンサルティングを受けるだけで満足するのではなく、その内容を踏まえ、しっかり自習等に取り組むことが重要です

STRAILの受講料金には、コンサルタントによるコンサルティング以外にも、自習スペースの利用や、オリジナル動画コンテンツの視聴等含まれます。これらのサービスをしっかり使い倒すことができれば、決して高い料金ではないでしょう。
以下はSTRAILのサービス内容をまとめたものです。

STRAILのサービス内容

コンサルティングメニューのデザイン

受講生が抱える英語学習の課題を元に一人一人に合った効率よく英語力を伸ばす学習プログラムを提案

コンサルティングセッション+英語力アセスメント

専属コンサルタントによる週1回60分(※曜日・時間固定)のコンサルティング。受講生の英語学習の課題を発見し、解決方法を提案

自習課題(ホームプログラム)進捗サポート

学習遠隔サポートツール「TC Journal」を使用し、受講生の英語学習の習慣化をサポート

自習スペース利用

毎日10:00~22:00に新宿スタジオの自習スペースを自由に利用可 ※IT教材が利用できるiPadの貸出あり

教材費

テキスト、IT教材(オリジナル動画コンテンツの視聴、アプリ:Listening Hacker)、市販教材

無料グループレッスン

スタジオ内で定期的に実施。1レッスン60分。リスニングの基礎や、シャドーイングのやり方などを学ぶことが可能

グループレッスンルーム・画像
グループレッスンルーム

ちなみにSTRAILでは、上記に加え、有料のグループレッスンも用意。

コース料金以外に別途料金が発生する点には注意が必要ですが、英語力のさらなるレベルアップを目指したい方は、グループレッスンを上手く活用すると良いでしょう。

STRAIL(ストレイル)を体験~まとめ~

グループレッスンルーム・画像

STRAILを利用すれば、質の高いコンサルタントによるコンサルティングを定期的に受けることができ、自分に合った最適な学習方法で、効率よく英語力を伸ばすことが可能です

また、1ヵ月あたり約11万円と、ENGLISH COMPANYの既存プランや他の英語パーソナルジムと比較し、約半額の料金で利用できる点も大きな魅力です。

STRAILは質の高いコンサルティングが魅力のサービスですが、自習スペースやオリジナル動画コンテンツの利用等、コンサルティング以外のサービスも充実しています。それぞれのサービスをフル活用することができれば、英語の学習習慣を身に付けつつ、英語力が着実にアップし、お値段以上の価値を得られるはずです。

特に、これまで独学で英語の勉強をしていたものの思うように成果が出なかった人や、できるだけ効率よく英語学習に取り組みたい人、英語パーソナルジムに興味はあるけれど、料金の高さが気になっていた人は、利用を検討すべきサービスといえるでしょう

ちなみに2020年4月現在、STRAILのサービスを実施しているのは新宿、銀座、大宮、北浜の4か所。また、スタジオへ通うのが難しい方向けに、オンラインでSTRAILが受講できるサービスの提供も開始しています。

STRAILでは、定期的に説明会を実施しているため、サービスが気になる方は、まず無料の説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

STRAIL 公式サイトへ行く

ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)・サイトイメージ
料金(税込)
入会金
5万5,000円
コース料金
2ヵ月コース18万7,000円
3ヵ月コース28万500円
6ヵ月コース56万1,000円
延長料金(1ヵ月間)
9万3,500円
  • 別途、無料/有料のグループレッスンあり
学習期間(目安) 3ヵ月間 ※受講延長可
スタジオ 新宿、銀座、大宮、北浜(2020年4月現在)
サービスの特徴
  • 2019年1月から開始した英語パーソナルジム「ENGLISH COMPANY」の新サービス
  • 英語学習のプロフェッショナルによる質の高いコンサルティングが魅力
  • 言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見をベースにしたカリキュラムで効率よく英語を身に付けることが可能
  • 1ヵ月当たり9万3,500円(税込)からとリーズナブルな料金を実現

STRAIL 公式サイトへ