英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」の無料カウンセリングをオンラインで体験

MENU

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」をオンラインで体験

INTRODUCTION

プログリット(PROGRIT)は、2か月間・3か月間の短期集中で効率よく英語力を伸ばせると、トップクラスの人気を誇る英語コーチングサービス。
実は、通学だけではなく、オンラインでの受講にも対応。自宅でも海外留学並みの英語力の習得ができると人気を集めています

オンライン受講・画像

プログリットの受講を検討している方の中には、オンラインでサービスを利用したいと考えている方も多いはず。また、オンラインで受講した場合も通学時と同様のサービスが受けられるのか、気になっている方もいるでしょう。
そこで今回は本気の英会話編集部が、プログリットの無料カウンセリングをオンラインで実際に体験してきました

プログリットをオンラインで受講したいと考えている方はもちろん、短期集中で効率よく英語力を伸ばしたいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

ビジネス英語に特化した英語コーチング プログリット(PROGRIT)とは?

PROGRIT(プログリット)

プログリット(PROGRIT)・サイトキャプチャ

プログリット(PROGRIT)は、ビジネス英語に特化した英語コーチングサービス。月90時間(※1日3時間)の英語学習を行い、2か月もしくは3か月の短期集中で英語力を伸ばせると人気を集めている。通学とオンライン両方での受講に対応
プログリットでは、人がいかに第二言語を習得するかを科学的に解明した「応用言語学」や「第二言語習得論」をベースに受講生一人一人に学習カリキュラムを作成。自分に合った方法で効率よく英語力を身につけることができる。
また、高い英語力に加え、豊富なビジネス経験や高度な問題解決能力を持つビジネス英語のプロが専属コンサルタントを担当し、質の高い学習サポートが受けられる点も魅力

料金(税込)

入会金:5万5,000円

コース料金(ビジネス英会話コース)

  • 2か月プラン:36万800円
  • 3か月プラン:51万4,800円
学習期間 2か月、3か月
  • 6か月間、12か月間のプランも用意
レッスン形式
  • 会議アプリ「Zoom」もしくは「Google Hangout」を使用したレッスン(※オンラインで受講する場合)
  • チャットアプリによる課題の添削 等
サービスの特徴
  • コンサルタントはグローバルな環境でのビジネス経験を持つビジネス英語のプロが担当
  • 「応用言語学」や「第二言語習得論」をベースにカリキュラムを作成。効率よく英語を身につけられる
  • 通学に加え、オンラインでの受講にも対応

プログリット公式サイト

今回は、『本気の英会話』編集部スタッフ・阿部 沙也加
プログリットをオンラインで体験しました。

受講生阿部 沙也加

 阿部 沙也加・プロフィール写真

国際基督教大学卒業。高校時代にカナダへ2年半の留学経験があり、TOEICのスコアは800点程度。日常英会話には問題ないが、専門的な内容のディスカッションや速いスピードでの英会話などでは苦労することも。現在、本気の英会話編集部スタッフをつとめるとともに、オフィスエルアールに所属し、舞台・TVを中心に女優としても活躍中。

ライターにしやま

英検2級取得。学生時代にアメリカへの短期留学経験あり(2ヵ月間)。TOEICスコアは700点程度。ライティング・リーディングはそこそこできるが、スピーキング・リスニングには苦手意識がある。

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」を オンラインで体験

プログリットでは、学習目的に合わせて、「ビジネス英会話コース」「TOEIC® L&R TEST コース」「TOEFL iBT® TEST / IELTS コース」の3コースを用意しています。今回は、このなかでも人気が高い「ビジネス英会話コース」の無料カウンセリングをオンラインで体験

プログリットの無料カウンセリングは大きく、「ヒアリング→レベルチェックテストと分析→カリキュラムの作成→最適なコースの案内」の流れでおこないます。

プログリット 無料カウンセリングMemo

プログリットには、カウンセラーとコンサルタントがいる

プログリットには、無料カウンセリングを担当するカウンセラーと、コース受講時に面談などを担当するコンサルタントが在籍しています。

オンライン受講の際に使用する通信システムについて

プログリットでは、オンラインでカウンセリングや面談を行う際、通信システムとしてビデオ会議ツール「Zoom(ズーム)」または「Google Hangout」を使用しています。

Zoom公式サイト・キャプチャ
Zoom(ズーム)公式サイト

担当カウンセラーMiyu

株式会社プログリット 統括マネージャー Miyu・プロフィール写真

株式会社プログリット 統括マネージャー
学生時代、米ネブラスカ州に1年間留学。留学中は「日本語を発さない」と決め、人生で最もハードに勉強していた。帰国後、大手損害保険会社での勤務を経た後、再び渡米。フロリダ州のディズニーワールドにて、パフォーマー・百貨店での接客販売・ホテルのフロント等、様々な仕事に挑戦した。

ヒアリング

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」をオンラインで体験! その1

プログリットの無料カウンセリングでは、まず英語を勉強する目的や、短期・長期で成し遂げたい目標を確認します。
その際、現在の英語の学習状況や、仕事やプライベートでの英語の使用状況、自分で認識している英語の課題、過去の英語学習や留学経験等について詳しくヒアリング。プログリットのビジネス英会話コースを受講することで、2か月後・3か月後にどうなっていたいか、さらに将来的に英語をどのレベルまでできるようになりたいか、目標を定めます
ちなみに、ヒアリングの時間は10~20分程度。

受講風景・画像

今回、プログリットの無料カウンセリングをオンラインで体験した編集部の阿部は、高校時代に2年半の留学経験があるものの、最近では英語を使う機会がそう多くないのが悩み。また、リスニングは問題ないと感じているものの、スピーキングやリーディングに課題があるといった相談をしていました。
担当のカウンセラーは、受講生の悩みや今後の目標に寄り添いながら、丁寧にヒアリング。現在抱えている問題・英語学習に関する課題を把握したところで、レベルチェックテストへと進みます。

レベルチェックテストと分析

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」をオンラインで体験! その2

レベルチェックテストでは、単語・リスニング・スピーキング・リーディングの問題を解き、総合的に英語力の診断。その上で、受講生の英語の課題を分析していきます。

レベルチェックテストは「英単語」「リスニング」「リスニング&単語のライティング」「ディクテーション」「スピーキング」の全5パート。それぞれの詳細は以下の通りです。

英単語
英単語力をチェックするテスト1は、ビデオ通話画面に英単語の一覧が表示され、口頭で単語の和訳を答えていくというもの。筆者も画面を覗いていましたが、初級レベルから上級レベルまでさまざまな難易度の単語が並んでおり、このテストを通じて、ある程度の英語レベルがわかるようになっています。
その際、単語の意味がわからない場合には、率直にわからないと伝えてOK。受講生のレベルを正確に把握し、今後の目標を立てていくためのテストなので、現時点ではわからない単語が多々あっても問題ないとのこと。初心者でも安心して取り組めます。
リスニング
このテストでは、長めの英語音声が流れた後、その内容を日本語に要約して説明します。
テスト終了後には、受講生がどれだけ聞き取れていたか、日本語では説明できなかったものの、なんとなく聞き取ることができた単語はないか等を細かくヒアリング。受講生とコミュニケーションを取りながら、問題の解説を行います。
ディクテーション
次に、Zoomのチャット機能を使用して、短い英文を聞き、空欄に聞き取った英単語を打ち込む書き取りのテストを行いました。
リーディング
このテストは、画面に表示された英語の長文をできるだけ速く読んで内容を要約するというもの。その際、講師が時間を測っており、時間内にどこまで読み進めることができたか、内容をどの程度把握できたのかをチェックします。
また、テスト後には、何ができていないか、どのような方法で英文を読んでおり、どの程度理解できているか…といったことを分析します。
スピーキング
最終テストでは、まず画面に表示された日本語の文章を口頭で英訳。次に、カウンセラーが英語で質問し、それに対して英語で答えていくという形式で英会話を行います。
ちなみに、表現に詰まる場合は、カウンセラーが上手く会話をつなげられるように誘導してくれるので、あまりスピーキングが得意ではない人でも安心です。

各テストが終了すると、その都度、カウンセラーが簡単に内容をフィードバック。また、必要に応じてヒアリングを行い、受講生の英語力を正確に把握していきます。

カリキュラムの作成

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」をオンラインで体験! その3

レベルチェックテスト終了後は、プログリットの学習メソッドの説明と実際に受講する場合のカリキュラムの作成を行います。

プログリットでは、「①音声知覚→②意味理解→③概念化→④文章化→⑤音声化」の5ステップで英語を身につける「応用言語学」や「第二言語習得論」をベースにカリキュラムを作成。カウンセリングでは、この5ステップに従って、レベルチェックテストの結果を踏まえ、受講生が現時点でどの段階に課題があるのかを詳しく分析していきます。

5ステップ・画像

その上で、分析した課題や受講生の目標、確保できる勉強時間等を考慮し、その場でカリキュラムを作成します

ちなみに、今回体験を行った阿部の場合、1日に確保できる勉強時間は、通勤時間を入れて2.5時間。カリキュラムは、この1日2.5時間を効率よく使い、2か月または3か月で確実にスキルアップできるよう作成してもらっていました。

また、カリキュラムの作成と併せて、強化すべきスキルやカリキュラムに組み込まなくてもいいポイント、おすすめのテキストや具体的な学習法についても詳しく解説してもらうことが可能。

最後に、プログリットを受講した場合の学習サポートについて5分程度の説明があり、体験は終了。無理な勧誘などは一切なく、終始和やかな雰囲気でした

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」を 本音でレビュー

学習効果について

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」を本音でレビュー その1

プログリットのビジネス英会話コースは、専属コンサルタントによる徹底した学習サポートが受けられ、ビジネスの場で通用する英語力が身につけられるコース。英語が苦手で何から始めて良いのかわからない英語初心者から、TOEICスコア900点以上の上級者まで幅広いレベルに対応しています。
ちなみに、プログリットでは英会話のレッスンは実施していませんが、リスニングのトレーニングとしてシャドーイング音声の添削を実施しているほか、スピーキングのトレーニングも用意。効果的に英語力を伸ばせるよう、受講生一人一人に合わせた学習サポートを行っています。

受講風景・画像

学習カリキュラムは、上智大学 吉田研作教授が監修した「応用言語」や「第二言語習得論」(※人がどのように第二言語を習得するかを科学的に解明した研究論)をベースに作成され、効率よく英語力を身につけることができます。
この「応用言語」や「第二言語習得論」によると、人は「①音声知覚→②意味理解→③概念化→④文章化→⑤音声化」の5ステップで英語を習得するとのこと
プログリットではこの各ステップにおいて受講生の課題を明確にし、各課題を解決していくことで受講生の英語力を伸ばしていきます。

また、プログリットでは、コース受講期間中、毎日3時間の英語学習を推奨。短期間で英語力を伸ばせるよう学習時間をしっかりと確保し、学習習慣を身につけることを徹底しています。
ちなみに、受講生の多くは、3か月間の受講でTOEIC L&Rのスコアであれば平均150点~200点、スピーキング試験Versantでは平均4~5点アップするとのこと。
高い学習効果が期待できる点は、プログリットの大きな魅力といえるでしょう。

料金とサービス内容について

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」を本音でレビュー その2

プログリットのビジネス英会話コースは、受講期間に応じて、「2か月間」「3か月間」の2つのプランから選択可能。(※受講期間6か月間、12か月間のプランも用意)
いずれもコース内容に、カリキュラムの作成と週1回の面談・確認テスト、毎日の学習サポートが含まれています。

プログリット(PROGRIT)ビジネス英会話コースの料金

学習期間 2か月、3か月 
  • 6か月間、12か月間のプランも用意
料金(税込)

入会金:5万5,000円

コース料金

  • 2ヵ月プラン: 36万800円
  • 3カ月プラン: 51万4,800円
1ヶ月あたりの料金
※入学金含む
  • 2ヵ月プラン: 20万7,900円
  • 3ヵ月プラン: 18万9,933円
コース内容

カウンセリング・学習サポート

  • カウンセリング
  • 受講生に合ったカリキュラムの提案
  • 学習の進捗報告+質問・相談(毎日)
  • 週間面談(週1回)

学習内容(ビジネス英会話コース)

  • アウトプットトレーニング、シャドーイングを中心とした自学習
  • 確認テスト(週1回)

プログリットのビジネス英会話コースでは、カウンセリングやカリキュラムの作成に加え、専属コンサルタントによる学習の進捗報告や相談・質問等の学習サポートを受けることが可能。加えて、週1回、面談と確認テストを実施し、目標に対する達成度のチェックも行います。

また、プログリットのビジネス英会話コース(3か月プラン・6か月プラン)は、厚生労働大臣指定の「一般教育訓練給付制度」の対象コース。所定の条件を満たすと、支払った受講料金の20%(※最大10万円)をハローワークから支給してもらうことが可能です。
できるだけリーズナブルな料金でプログリットを受講したいと考えている人は、「一般教育訓練給付制度対象コース」の利用を検討すると良いでしょう。

ちなみに、プログリットでは、ビジネス英会話コース以外にも、「TOEIC® L&R TEST コース」「TOEFL iBT® TEST / IELTS コース」を提供しています
TOEICやTOEFL、IELTSの短期間でのスコアアップを目指している方は、こちらのコースの受講を検討するのがおすすめです。

コンサルタントについて

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」を本音でレビュー その3

プログリットでは、高い英語力に加え、高度な問題解決能力や豊富なビジネス経験を持つビジネス英語のプロが専属コンサルタントを担当。質の高いコンサルティングや学習サポートを受けることが可能です。

今回の体験を担当してくれたのは、明るくハキハキした方。オンラインでのカウンセリングにも慣れており、しっかりリアクションを取ってコミュニケーションをしてくれるため、話しやすい印象を受けました。
また、ヒアリングも威圧感がなく、受講生の英語の悩みに寄り添いつつ、的確なカウンセリングをおこなってくれます。受講生の強化したいポイントや目標を上手く汲み取り、アドバイスしてくれるため、自分の弱点がはっきりとわからない状態でも、英語学習に関する悩みを相談しやすいと感じました。

コンサルタントの質が高い点も、プログリットを受講する際に、チェックしておきたいポイントです。

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」をオンラインで体験 受講生レビュー

今回、実際にプログリットのビジネス英会話コースをオンラインで体験した
本気の英会話編集部スタッフ・阿部沙也加の感想をご紹介します。

本気の英会話編集部スタッフ 阿部沙也加の感想

丁寧なカウンセリングによって、自分の英語スキルの問題点・改善点を洗い出すことができました。英語を学習する目標が明確になり、スキルアップへの道筋が見えたと思います。
また、自分の普段の生活でしっかりと取り組める量の学習カリキュラムを作成してもらうことができ、無理なく学習を続けられそうだと感じました。

無料体験の時点で詳細なカリキュラムを作成してもらえるほか、英語学習の悩みに合わせておすすめの教材や具体的な学習法も教えてもらえたので、レッスン後すぐに学習を始めることができます。体験レッスンを受けたことで、英語学習へのモチベーションが上がり、今日からでも英語の勉強を始めたいと思いました。

プログリットのビジネス英会話コースでは、作成したカリキュラムに沿って、徹底したサポートをおこなってくれます。仕事などが忙しくなかなか学習時間やペースを自分で管理できない方や、モチベーションが持続しないと悩んでいる方、色々な英語学習を試したものの効果が出なかったという方におすすめできると感じました。

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」のオンライン受講 気になるポイントFAQ

体験終了後、本気の英会話編集部が疑問に思った点を、カウンセラーの方にインタビューしました。
本チャプターでは、プログリットをオンラインで受講する際の気になるポイントについて、Q&A形式でご紹介します。

Q1 通学とオンラインでは何が違う?

プログリットを通学で利用しても、オンラインで利用しても、サービスの内容やサポートの質に相違は全くありません。オンラインでも通学時と同様に、質の高いコンサルティングを受けることができます。
また、オンラインでの受講を希望する場合でも、必要があれば、校舎にて対面のコンサルティングを受けることが可能です。(※入学時に要確認)

プログリットでは、通学とオンラインで明確なコース分けをしておらず、受講生の希望に合わせて柔軟に対応しています。通学でもオンラインでもサービスが利用できる点は嬉しいポイントと言えるでしょう。

Q2 申し込み後、すぐに受講をスタートできる?

プログリットのビジネス英会話コースをオンラインで受講する場合、申し込み後、教材が届き次第すぐに受講を開始することができます。(※オンラインの場合、教材は郵送)
2020年4月現在、スクールに通学する場合、申し込みから受講開始まで1か月前後の待ちが発生しますが、オンラインの場合、全国の校舎にいるコンサルタントがZoomを利用して面談を行うため、すぐに受講を開始することが可能です。

Q3 スマホからでも受講できる?

Zoomのスマホ版アプリをダウンロードすれば、スマホからでもカウンセリングや面談を受講することができます。
ただし、面談は資料を用いながら行うため、画面の小さなスマホではやや不便。PCからの受講がおすすめです。

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」のオンライン受講 まとめ

プログリットの体験では、丁寧にカウンセリングを行い、受講生一人一人に合ったカリキュラムを作成。2か月または3か月の短期集中で、ビジネスの現場でしっかりと使える実用的な英語力を身につけることができます
料金は、ビジネス英会話コースの場合、2か月プランで36万800円(税込)、3か月プランで51万4,800円(税込)。決して安価な料金ではありませんが、専属のコンサルタントによる徹底した学習サポートが受けられ、短期集中で英語力が伸ばせることを考えると、料金以上の価値があるサービスだといえるでしょう。
さらに、ビジネス英会話コース(※3か月プラン・6か月プラン)は、厚生労働大臣指定の「一般教育訓練給付制度」の対象コース。所定の条件を満たすと、支払った受講料金の20%(※最大10万円)をハローワークから支給してもらえる点も嬉しいポイントです。
また、通学だけではなく、オンラインでの受講に対応している点も魅力の一つ。

プログリットは、ビジネス英語を身に付けたいと考えている社会人の方であれば、ぜひチェックしておきたい英語のコーチングサービス。プログリットに興味のある方は、まずは一度、無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

また、実際に無料カウンセリングがどのような形で行われるのか気になる方は、今回編集部が体験した動画も併せてチェックしてみてください!

ビジネス英会話・画像

体験動画を再生する

PROGRIT(プログリット)

プログリット(PROGRIT)・サイトキャプチャ

プログリット(PROGRIT)は、ビジネス英語に特化した英語コーチングサービス。月90時間(※1日3時間)の英語学習を行い、2か月もしくは3か月の短期集中で英語力を伸ばせると人気を集めている。通学とオンライン両方での受講に対応
プログリットでは、人がいかに第二言語を習得するかを科学的に解明した「応用言語学」や「第二言語習得論」をベースに受講生一人一人に学習カリキュラムを作成。自分に合った方法で効率よく英語力を身につけることができる。
また、高い英語力に加え、豊富なビジネス経験や高度な問題解決能力を持つビジネス英語のプロが専属コンサルタントを担当し、質の高い学習サポートが受けられる点も魅力

料金(税込)

入会金:5万5,000円

コース料金(ビジネス英会話コース)

  • 2か月プラン:36万800円
  • 3か月プラン:51万4,800円
学習期間 2か月、3か月
  • 6か月間、12か月間のプランも用意
レッスン形式
  • 会議アプリ「Zoom」もしくは「Google Hangout」を使用したレッスン(※オンラインで受講する場合)
  • チャットアプリによる課題の添削 等
サービスの特徴
  • コンサルタントはグローバルな環境でのビジネス経験を持つビジネス英語のプロが担当
  • 「応用言語学」や「第二言語習得論」をベースにカリキュラムを作成。効率よく英語を身につけられる
  • 通学に加え、オンラインでの受講にも対応

プログリット公式サイト