モチベーションに左右されない!英語の勉強を続けるコツ

  • 公開日:

自分なりに目的を持って始めた英語の勉強。しかし、英語を学ぶモチベーションを保つのは意外と難しく、モチベーションの低下に悩んでいる人も多いのではないでしょうか

勉強・モチベーション

モチベーションが下がると、日々勉強にももちろん影響し、毎日続けていた勉強がサボり気味になってしまうことも。
ただ、ここで問題なのは、モチベーションをただ単に上げれば、全て解決するわけではないということです。具体的な目的を掲げてもモチベーションをずっと高い状態にするのは非常に難しく、どうしてもモチベーションがあがらない時期はやってきます。

そこで、今回は思い切ってモチベーションについて考えるのをやめ、モチベーションに関係なく英語の勉強を続けるコツを紹介します

英語の勉強を続けるコツ 5分だけやる

人間の心の仕組みとして、「やりたくないものに取り組もうと気合を入れるほど、やりたくない気持ちが高まる」という法則があります。なので、英語の勉強をする気が起きない、むしろあまり勉強したくないというときには、やる気を出そうとすると逆効果。
あまりやる気を出さず、「とりあえず5分だけやってみよう」という気楽な気持ちで勉強し始めると、意外とそのまま30分・1時間と勉強を続けることができます

英語の勉強を続けるコツ 勉強を習慣化する

モチベーションに左右されない一番の方法は、英語の勉強を習慣化すること。例えば、朝、何も考えず無意識のうちに歯磨きをしてしまうように、「やる気が出ない」と考える前に、自然と英語の勉強を始めている姿が理想的です。
英語の勉強を習慣化させるためには、英語の勉強に対して条件付けをすることが大切。例えば洗濯物をたたむ間は絶対にリスニングをする、夕食の後の30分は瞬間英作文をする、というように「これをしたら英語の勉強をする」というルールを自分の中で決めて、それを続けましょう

続けているうちに、ルールが習慣として身につき、逆に英語の勉強をしないと生活のリズムが狂っているようですわりが悪い気持ちになります。

英語の勉強で重要なのは、継続すること。1日8時間勉強して3日休むよりも、4日間毎日2時間勉強したほうが、ずっと英語が身につきます
一日何分でもいいので、"毎日勉強する"ことをまずはがんばってみましょう。