The movie is called...(その映画のタイトルは)

原題The Pursuit of Happyness

邦題『幸せのちから』

解説

原題『The Pursuit of Happyness』は、2006年にアメリカで公開されたヒューマンドラマ『幸せのちから』のこと。ホームレスになりながらも、決してあきらめず、愛する息子を支えにチャンスを掴んで億万長者になった男の実話を描いた物語です。
主演のウィル・スミスが、実の息子ジェイデン・スミスと共演したことでも注目を集めました。また、ウィル・スミスは本作において、第79回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされています。

原題『The Pursuit of Happyness』の「pursuit」は、「追求」という意味で、動詞「pursue(~を追い求める、追求する、追跡する)」の名詞。つまり、原題「The Pursuit of Happyness」を訳すと、「幸福の追求」という意味になります。
この言葉は、息子が預けられた託児所に書かれていた落書きの一文。「Happyness」の正しいスペルは「Happiness」ですが、落書きのスペルミスをそのままタイトルに採用しています。
ちなみに、この「The Pursuit of Happyness(正しくはHappiness)」とは、アメリカ独立宣言に登場する一説。

一方、邦題は、原題の直訳にあたる「幸福の追求」より、柔らかい表現の『幸せのちから』というタイトルになっています。

また、ラストシーンでは、ウィル・スミスが演じた本作の元になった人物クリス・ガードナー本人が登場。原題と邦題の違いに加え、この点にも注目し、本作を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Study

  • pursuit:(名詞)追求
  • pursue:(動詞)~を追い求める、追求する、追跡する
  • happiness:(名詞)幸せ、幸福

作品を見る