英語が活かせる仕事に転職する方法

英語が活かせる仕事に必要とされる英語レベルや、転職を成功させるポイントを解説

英語が活かせる仕事に転職する方法

  • 公開日:

「英語を使う仕事に興味がある」「外国人と一緒に働いてみたい」「世界を舞台に活躍したい」等の理由から、英語が活かせる仕事に転職したいと考えている方もいるのではないでしょうか?
しかし、いざ英語が活かせる仕事に転職したいと思っても、「どんな仕事で英語が活かせるのか」「その仕事に転職するのに必要な英語レベルは?」「英語が活かせる仕事の求人はどうやって探すのか」等、意外とわからないことが多いもの。

そこで、今回の特集では、英語が活かせる仕事に注目。主な英語が活かせる仕事や、その仕事に就くために必要な英語レベルについてご紹介します。さらに、英語が活かせる仕事に転職するために必要な英語力の身に付け方や、英語が活かせる仕事への転職を成功させる方法についての解説も。
英語が活かせる仕事への転職を考えている方は、本特集をぜひチェックしてみてください。

01英語が活かせる仕事とは?

一口に「英語が活かせる仕事」と言っても、その種類は様々で、具体的にどのようなものがあるのか意外と知らない人も多いはず。本チャプターでは、英語が活かせる仕事や、その仕事に求められる英語レベルについて見ていきましょう。

英語が活かせる仕事 その1
外資系企業・商社・貿易会社等で英語を活かして働く

英語を活かせる仕事には、まず、外資系企業や商社、貿易会社等で働くことが挙げられます。
これらの仕事の特徴は、求められる英語力が高い点
ビジネスレベル以上の英語力を持っていることが前提とされるため、求人の募集条件もレベルが高くなりがちですが、その分年収も高く、世界を相手にビジネスを展開することが可能です。
また、国際秘書検定を取得すれば、秘書としてグローバルに活躍できる点もチェックしておくと良いでしょう

職種例 目安の英語レベル・TOEICスコア その他 推奨資格・スキル
外資系金融 ビジネスレベル
TOEIC750点以上
金融関連資格
貿易事務 ビジネスレベル
TOEIC700点以上
貿易実務検定、営業事務経験など
英文事務 ビジネスレベル
TOEIC600点~700点以上
英語ビジネス文書のライティングスキル
海外営業 ビジネスレベル
TOEIC750点以上
貿易実務検定など
秘書 ビジネスレベル
TOEIC750点以上
国際秘書検定

英語が活かせる仕事 その2
サービス業で英語を活かして働く

サービス業で英語を活かして働く場合、外資系企業や商社などで働く場合と比較し、求められる英語レベルはそれほど高くはなく、日常会話レベルであることがほとんどです。(※外資系のホテルではTOEIC600点以上といった高い英語力が求められる場合も。)

ただし、接客を行う販売スタッフや、観光案内といった仕事では、英語力に加え、コミュニケーション能力も必須。さらに、観光案内をはじめ、日本のことを外国人に紹介する仕事の場合、日本文化に関する深い知識や理解も必要です

また、ホテルのフロントや劇場受付、レストラン受付などで働くレセプションスタッフ(レセプショニスト)は、問い合わせ等にメールで返答することもあり、英文ライティングスキルが必要とされる場合も

英語が活かせる仕事にサービス業を希望する際は、英語力はもちろん、コミュニケーション能力や、日本文化に関する知識等についても、しっかり身に付けておくことが大切だといえるでしょう。

職種例 目安の英語レベル・TOEICスコア その他 推奨資格・スキル
ツアーコンダクター
(添乗員)
日常会話レベル以上 旅程管理主任者 ※必須
飲食店スタッフ 日常会話レベル
レセプションスタッフ 日常会話レベル 英文ライティングスキル
テーマパークスタッフ 日常会話レベル
ホテルスタッフ 日常会話レベル
(外資系ホテルの場合、TOEIC600点以上)

英語が活かせる仕事 その3
通訳・翻訳などで英語を活かして働く

通訳や翻訳として英語が活かせる仕事に就く場合、ネイティブレベルの高い英語力が必須です。さらに、英語に加え、高いレベルの日本語運用能力が求められる点もチェックしておくとよいでしょう。

また、通訳の中でも、日本を訪れる日本人観光客に対して、外国語通訳や観光案内を行う「通訳案内士」の場合、「通訳案内士試験」と呼ばれる国家資格の取得が必須です。ちなみに、この資格を取得するためには、高い英語力に加え、日本の地理歴史、産業や経済、政治、文化等、日本に関する幅広い知識が必要。通訳案内士試験の合格率は21.3%となっており、ややハードルが高い点には注意が必要ですが、通訳の業務に加え、日本の魅力を外国人に伝えたい人であれば、チャレンジする価値のある仕事の一つといえるでしょう。

職種例 目安の英語レベル・TOEICスコア その他 推奨資格・スキル
通訳案内士 TOEIC840点以上 通訳案内士(国家資格) ※必須
翻訳 ネイティブレベル
通訳 ネイティブレベル

英語が活かせる仕事 その4
教育関係の仕事で英語を活かして働く

英語が活かせる仕事には、言語教育関係や留学関係の仕事も挙げられます。
例えば日本語教師の場合、日本国内の民間が運営している日本語学校で働く際は、大学での単位取得、もしくは「日本語教育能力検定の合格」、「民間が主催する日本語教師養成講座を420時間修了する」等の条件が課せられます。

また、留学コーディネーターは、海外留学を希望する人の相談に応じ、プランの提案や留学先の手配等をおこなう仕事。留学先の学校との交渉や、留学希望者に合う国を選ぶため、各国の文化や政治状況、国際情勢などに関する知識も必要とされ、高い英語力に加え、コンサルティングスキルや旅行業法の知識も求められます

英会話講師は、特別な資格は特に必要とされていませんが、自身の英会話スキルに加え、英会話を教えるための指導スキルも必要です。指導経験がない場合は、日本英会話協会が主催する「英会話講師養成講座」を受講し、「公認英会話講師」の資格を取得することで、就職の際、英会話の指導スキルをアピールできるので、未経験で英会話講師への転職を目指す場合は、チェックしておくとよいでしょう。

職種例 目安の英語レベル・TOEICスコア その他 推奨資格・スキル
日本語教師 TOEIC700点程度 日本語教育能力検定
英会話講師 ビジネスレベル以上
※公認英会話講師の資格取得条件としては、英検2級以上
各種英語検定
公認英会話講師
留学コーディネーター ビジネスレベル以上
(大学・高校等で勤務する場合、TOEIC700~750点程度)
コンサルティング経験
旅行業法の知識

英語が活かせる仕事 その5
国際協力関連の仕事で英語を活かして働く

英語が活かせる仕事には、国際協力系のNGOスタッフとして働く、JICA(ジャイカ)の「青年海外協力隊」といった国際ボランティアで働く選択肢もあります。

国際協力系NGOは、人員募集が不定期であることに加え、高い英語力が必要となりますが、平和や紛争問題の解決に向けて、現地の人と協力し取り組んでいく、非常にやりがいのある仕事。何らかの形で世界の役に立ちたいと考えている人におすすめといえるでしょう。

また、国際ボランティア(JICAボランティアの青年海外協力隊)は、年2回(春・秋)に募集をおこなっており、様々な活動分野で、自分の持っている知識や技術、経験等を活かして働くことが可能です。

ちなみに、これらの国際協力関連の仕事では、現地でコミュニケーションがとれるレベルの英語力はもちろん、現地の環境や風習・文化に順応する力があることも重要なポイントです

職種例 目安の英語レベル・TOEICスコア その他 推奨資格・スキル
国際協力系NGO ビジネスレベル以上 業務内容・職種によって異なる
国際ボランティア
(JICA青年海外協力隊)
プログラム(要請)によって異なるが、最低レベルはTOEIC330点以上、もしくは英検3級以上 要請によって異なる

02英語が活かせる仕事への転職を成功させる方法

本チャプターでは、英語が活かせる仕事への転職を成功させるポイントをご紹介します。
英語を使う仕事への転職を考えている方は、各ポイントをしっかりチェックし、転職する際に役立てましょう。

英語が活かせる仕事への転職を成功させる方法 その1
その仕事をするのに必要な英語力を身に付ける

まずは、その仕事をするために必要な英語力を身に付けましょう。
なかでも、TOEICや英検などの英語資格の取得は、転職活動を行う上で、自身の英語力を証明する手段として効果的です。

また、求人によっては、応募条件に、TOEICのスコアが明記されているケースも。英語が活かせる仕事に転職したいけれど、その仕事に必要な英語力を身に付けるために、どこから手をつけて良いかわからない…という方は、自分が希望する仕事に必要なTOEICのスコア(または英検の級)を目標に、英語の勉強をするのがおすすめです。

おすすめのTOEIC参考書

TOEIC初心者~600点くらいまでの人向け

新形式問題対応 改訂版 世界一わかりやすい TOEICテストの授業

新形式問題対応 改訂版 世界一わかりやすい TOEICテストの授業・画像

Part1-Part4 リスニング
Part5&6 文法
Part7 読解

英語学習アプリ「スタディサプリENGLISH」「スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース」でおなじみの人気英語講師、関正生氏によるTOEICの入門書。Part1-Part4(リスニング)編、Part5&Part6(文法問題)編、Part7(長文読解)編と3冊に分かれており、パートごとに英語力を強化することができる。解説のわかりやすさに定評があり、初心者からTOEICスコア600点程度の中級者におすすめ。

800点以上の高得点を目指す人向け

TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問

 TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問・画像

『TOEIC(R) L&Rテスト 究極のゼミ』シリーズのヒロ前田氏による模試3セット分(600問)が掲載された、TOEIC新出題形式対応のテキスト。丁寧な解説や独自の対策テクニック、翻訳・語注がわかりやすく紹介されている。
また、電子書籍(kindle)版は、ダウンロード特典として、リスニングセクションの問題音声だけでなく、リーディングセクションの読み上げ音声、マークシート(PDF)が付属する点も要チェック。

また、実践的なスピーキングやリスニングのスキルを身に付けたい場合は、英会話教室やオンライン英会話を利用し、英会話の勉強をするのがおすすめです。
特にビジネスレベルの高い英語力が求められる仕事では、ビジネス英会話に特化したコースがある英会話教室やオンライン英会話を利用し、ビジネスの場で通用する正確な表現・言葉遣いを身に付けましょう。

おすすめの英会話教室

ベルリッツ

ベルリッツ・画像

料金プラン例
マンツーマンレッスン
入学金:30,000円(税抜)
レッスン単価:6,000円~8,000円台(税抜)
少人数レッスン
入学金:30,000円(税抜)
レッスン単価:3,000円台(税抜)
※別途教材費
キャンペーン 冬の短期集中コース(※マンツーマンレッスン)
1レッスン5,000円台~(税抜)

ベルリッツ(Berlitz)は、ベネッセグループが運営する英会話教室。ビジネス英会話に強みがあり、楽天やトヨタ自動車などの企業研修でも取り入れられている。
ベルリッツのレッスンは、マンツーマン形式と2~3人の少人数形式から選択可能。レッスンは朝8:30~夜21:10(※平日)まで開講しており、忙しいビジネスマンでも、仕事の前後の時間を利用して、英会話の勉強をすることができる。
英語が活かせる仕事への転職を希望し、ビジネス英会話を身に付けたい人にとって、利用を検討したい英会話教室の一つ。

ベルリッツ 公式サイトへ

おすすめのオンライン英会話

ビズメイツ

ビズメイツ・画像

料金
毎日25分プラン(1日1レッスン)
月額:12,000円(税込)
レッスン単価:387円
毎日50分プラン(1日2レッスン)
月額:15,000円(税込)
レッスン単価:290円
おすすめポイント
ビジネス英語に特化したオンライン英会話
ビジネス経験者を講師として採用。質の高いレッスンが魅力
レッスン受講者の89%が上達を実感

ビズメイツは、ビジネス英会話専門のオンライン英会話。東京海上日動やSMBC日興証券などでの採用実績を持っている他、ビジネス経験のある講師のみを採用する等、数あるオンライン英会話の中でも、質の高いレッスン・講師に定評がある。
ビズメイツのレッスンは、マンツーマン形式で、1レッスン25分。レッスンでは、実際にビジネスで用いる英文メールや資料、プレゼンテーション等の添削を受けることができるほか、ビジネス以外の話題にも対応できるコミュニケーションスキルを身に付けることも可能。
オンライン英会話でビジネス英語を学ぶ際、有力な選択肢の一つとしてチェックしておきたい。

ビズメイツ 公式サイトへ

Pick Up!

英語が活かせる仕事に転職するため、短期間で集中的にビジネス英語を習得したい場合、「英語パーソナルジム」を利用するのも一つの方法です。

英語パーソナルジムとは、受講生一人一人に専属のパーソナルトレーナーがつき、受講生の英語レベルや学習目的に応じてオーダーメイドのカリキュラムを作成。そのカリキュラムに沿って英会話レッスンや課題を行い、短期間で英語力を鍛えることができると、近年注目を集めています。英会話教室やオンライン英会話と比較すると、カリキュラムはややハードですが、短期間で総合的に英語力をアップさせることが可能です。

短期間で英語力を伸ばしたい人、しっかり英語を身に付けたい人は、英語パーソナルジムを上手く活用すると良いでしょう。

おすすめの英語パーソナルジム

PROGRIT(プログリット)・画像

料金プラン例
ビジネス英会話コース/TOEICコース
入学金:50,000円(税抜)
コース料金:328,000円(税抜)

PROGRIT(プログリット)の特徴

PROGRIT(プログリット)は、ビジネス英語に特化した英語パーソナルジム。2か月間の短期集中で、英語力を着実に伸ばすことができると注目を集めている。
PROGRITでは、受講生一人一人の英語レベルや学習目的に合ったカリキュラムを作成。また、英語学習に関する相談や、学習の進捗状況報告、発音の添削等、パーソナルトレーナーによる学習サポートを受けることもできる。さらに、コース修了後もパーソナルトレーナーによる学習サポートが受けられる点や、30日間無条件全額返金保証がある点もチェックしておきたい。
PROGRITは、2ヵ月間の短期集中で英語力を伸ばしたい人におすすめの英語パーソナルジムといえるだろう。

PROGRIT(プログリット) 公式サイトへ

英語が活かせる仕事への転職を成功させる方法 その2
英語が活かせる仕事への転職に強い転職エージェント・求人情報サイトを利用する

英語が活かせる仕事への転職を成功させる2つ目のポイントは、英語に関連する求人を豊富に取り扱う、英語が活かせる仕事への転職に強い転職エージェントや求人情報サイトを利用すること。

英語に強みを持つ求人サイト・転職エージェントであれば、一般的な求人サイトや転職エージェントと比較し、より多くの英語関連の求人を取り扱っており、様々な求人の中から自分に合ったものを見つけることが可能です。

また、転職エージェントを利用すれば、キャリアコンサルタントによるサポートを受けることができ、転職活動をより効率的に進められるため、英語が活かせる仕事への転職を考えている際は、上手に活用すると良いでしょう。

おすすめの転職サービス

リクナビNEXT

リクナビNEXT・画像

求人数 常時約6,000件以上
新着・更新求人が毎週1,000件以上
スカウト あり
月間560万通以上のスカウトメールを配信
リクナビNEXTの強み
業界No.1を誇る圧倒的な求人数
スカウトメールの配信数月間約560万通以上

リクナビNEXTは、リクルートが運営する日本最大級の転職サイト。
求人は常時約6,000件以上、新着・更新求人は毎週1,000件以上を取り扱っており、求人数の多さは、他の転職サイトと比較してもトップクラスを誇っている。また、英語関連の求人も多数取り扱っており、幅広い選択肢の中から自分に合った英語が活かせる仕事を探すことができる
さらに、リクナビNEXTでは、スカウトサービスも充実。情報を登録しておくことで、効率よく自分の希望に合った求人が見つけられる点はチェックしておきたいポイントといえるだろう。
加えて、リクルートが提供する転職エージェントサービス、「リクルートエージェント」も併せて活用し、一般には公開されていない非公開求人の紹介を受け、より効率的に転職活動を進めるのもおすすめ。

リクナビNEXT 公式サイトへ

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント・画像

求人数 2万1,000件以上
拠点 東京、名古屋、大阪、札幌、仙台、つくば、岡山、広島、福岡
Spring転職エージェントの強み
外資系企業、日系グローバル企業への転職に強い
「2018年 オリコン顧客満足度調査 転職エージェント」において顧客満足度第1位を獲得している等、質の高いサポートに定評あり

Spring転職エージェントは、大手外資系企業「アデコ」が運営する転職エージェント。アデコのグローバルネットワークを活かし、外資系企業、日系グローバル企業への転職に特に強みを持っているほか、「2018年 オリコン顧客満足度調査 転職エージェント」では、顧客満足度第1位を獲得し、利用者からの高い満足度を誇っている。
また、Spring転職では、英文のレジュメ添削や、英語面接対策等のサポートを受けることも可能。拠点数が少ない点には注意が必要だが、英語が活かせる仕事への転職を考える人にとって、Spring転職エージェントは登録する価値のある転職エージェントと言えるだろう。

Spring転職エージェント 公式サイトへ

03まとめ

英語が活かせる仕事に転職する方法についてご紹介した今回の特集はいかがでしたか?

英語を活かせる仕事は、外資系企業や商社、通訳・翻訳以外にも、ツアーコンダクターといった観光関連の仕事や、飲食店・ホテル・テーマパーク等のスタッフなどの接客業、日本語講師や国際協力系NGOのスタッフ、海外ボランティア等、様々です。
仕事によって、求められる英語力や、必要な資格が異なるため、数ある英語が活かせる仕事の中から、自分が希望するのはどの仕事なのかを明確にし、その仕事に必要な英語力を身に付けましょう。また、英語が活かせる仕事への転職に強みを持つ求人サイトや転職エージェントを活用するのもおすすめ。

英語を活かせる仕事への転職を考えている方は、本特集を参考に、英語関連の仕事の種類や、その仕事に必要な英語レベル等をチェックし、自分が希望する英語が活かせる仕事への転職を成功させましょう!