英会話用語集

CASEC
キャセック(Computerized Assessment System for English Communication)

CASECとは、「Computerized Assessment System for English Communication(英語コミュニケーション能力判定テスト)」の略で、財団法人「日本英語検定協会(英検)」が基礎開発し、旺文社グループの「教育測定研究所」が開発・運営を行うオンライン受験型の英語資格。
旅行代理店大手「エイチ・アイ・エス」をはじめ、多くの企業で社員の英語教育に導入されており、近年、注目を集めている。
CASECの試験時間は平均40分~50分と短く、インターネットが繋がる環境であれば、24時間、好きな時に受験することが可能。受験料は、1回3,600円(税込)。試験結果はその場で採点され、試験終了後すぐにチェックすることができる。

CASECの特徴は、出題される問題の難易度が、受験者の解答の正解・不正解に応じて変更する点。CASECでは、ある問題に正解した場合は、さらに難しい問題が出題され、不正解だった場合は、易しめの問題を出題。最終的に、安定して正解できる問題の難易度がスコアに換算される仕組みとなっている。そのため、TOEICや英検のように、「正解した問題の点数の合計」「正答数をもとにした点数」とは異なる方法で、受験者の英語力を正確に測定することが可能。
さらに、CASECのスコアから、TOEIC(L&Rテスト)のスコア目安や、英検級の目安がわかる点もチェックしておきたい

また、CASECの試験内容は、以下の4セクションで構成されている。

セクション1:語彙問題(16問250点満点)
解答形式:4肢択一
解答時間:60秒
セクション2:表現問題(16問250点満点)
解答形式:4肢択一
解答時間:90秒
セクション3:リスニング(17問250点満点)
解答形式:4肢択一
解答時間:60秒
セクション4:リスニング(11問250点満点)
解答形式:ディクテーション(書き取り)
解答時間:90秒

ちなみに、2018年7月現在、CASECの試験対策用に、公式の問題集は出ていないため、CASECの勉強には、英語学習アプリ「スタディサプリENGLISH TOEIC L&Rテスト対策 ベーシックプラン」や、DMM英会話レアジョブ等のオンライン英会話を利用して、TOEIC対策や、英語の基礎力を伸ばすのがおすすめ。

CASECは、自宅にいながらにして、簡単に受験することができるため、自身の英語レベルを定期的にチェックする際や、仕事等が忙しく、TOEICを受験することが難しい場合に上手く活用すると良いだろう。