英会話用語集「チャンクリーディング」とは?

MENU

チャンクリーディング

Chunk Reading

解説

チャンクリーディングとは、英文にスラッシュ(/)を入れて区切り、リーディングや音読をおこなっていく英語学習法のこと
チャンクリーディングのチャンク(chunk)とは「かたまり」という意味で、英文を意味のかたまりごとに分け、前から順に読んでいく。チャンクリーディングを行うことで、英文リーディングの速度や理解度をあげることができると注目を集めているトレーニング方法。

チャンクリーディングのやり方

  1. 英文を意味のかたまり(=チャンク)ごとにスラッシュ(/)を入れて区切る
  2. チャンクを意識して音読練習・速読練習をする

ちなみに、英文の区切り方がわからない場合は、英文スクリプトの音声データ等のリスニングをおこない、チャンクごとに区切る練習から始めるのがおすすめ。話し手が息継ぎをおこなっている箇所にスラッシュを入れ、区切ることでチャンクごとに分けることができる。まずは感覚として意味のかたまり(チャンク)を意識できるようになると良いだろう。
また、文法的には文章の主語と述語を判別し、不定詞や接続詞、関係代名詞、疑問詞等をヒントにチャンクごとに区切っていく。

チャンクリーディングは、英文を前から順に読み、語順そのままで意味をつかめるようになるための学習法となっているため、トレーニングを重ねるごとに英文の読解速度を鍛えることができる。
また、チャンクリーディングでは音読練習をおこなうため、英文を読む力だけでなく、スピーキングスキルやリスニングスキルを向上させる効果も。

チャンクリーディングをおこなうことで、脳内でスピーディに英語を処理することが可能となる。英文の読解スピードが遅いと悩んでいる方は、チャンクリーディングを試してみてはいかがだろうか?