小学生におすすめの英語教材を比較

本気の英会話編集部が厳選した小学生におすすめの英語教材をわかりやすく解説

小学生におすすめの英語教材を比較

  • 公開日:

00はじめに

近年、日本社会の国際化が進む中で、英語の早期学習の重要性がますます高まってきています。
小学校教育においては、2020年から小学3年生の英語が必修化し、小学5年生からは教科化。全面的に実施されるのは2020年となっていますが、自治体や学校によっては2018年度からすでに導入されているところもあります。また、それに伴い、家庭でも早い段階から子供を英語に触れさせ、スムーズに学校での英語学習に取り組めるようにしたい、と考えている方が増えています。

子供が家庭で簡単に英語に親しむ方法といえば、英語教材を利用する選択肢がありますが、一口に「英語教材」と言っても、その種類や特徴は多岐に渡り、どれを選べば良いのかなかなかわからないもの。

そこで、今回の特集では、小学生向けの英語教材をピックアップ。小学生におすすめの英語教材の選び方に加え、「チャレンジイングリッシュ」や「スマイルゼミ」等、本気の英会話編集部が厳選したおすすめの小学生向け英語教材をわかりやすくご紹介します。
自宅での英語学習におすすめの小学生向け英語教材を探している方は、本特集を最後までチェックしてみてください。

01小学生向け英語教材の選び方

小学生向けの英語教材は、教材によって学べる内容や形式が大きく異なるため、伸ばしたい英語スキルや学習目的に応じて、利用する英語教材を選ぶことが重要です。
本チャプターでは、小学生向け英語教材を選ぶ際のポイントを詳しく見ていきましょう。

小学生向け英語教材の選び方 その1
子供の英語レベルを把握し、学習目的や対象年齢に合ったものを選ぶ

ヘッドホン

子供の英語レベルは大きく、初級、中級、上級の3つに分けることができます。初級は、初めて触れる英語に興味を持ち、楽しみながら学習する段階。この段階では英語に耳を慣らすことが重要です。中級は、アルファベットや簡単な挨拶表現等をすでに知っており、さらに多くの英単語や表現、文法をインプットし、読む・書く・聞く・話すという英語4技能を総合的に高めるために「学ぶ」段階。上級は、学んだ英語を使って活かす段階で、アウトプットが主となります。
小学生向けの英語教材を選ぶ際は、まず、子供の英語レベルがどのくらいなのかを把握し、そのレベルに合ったものを選びましょう。

ちなみに、小学生向け英語教材は、初級から中級までを対象としているケースが多く、様々な種類の教材があります。英語教材を選ぶ際は、英語レベルはもちろん、「とにかく英語に慣れさせたい」、「綺麗な発音を身につけさせたい」「中学受験を考えている」等、学習目的に合ったものを選ぶことも重要です。
例えば、「とにかく英語に慣れさせたい」といった場合には、テキストの問題を解くような読み書きのスキルをアップする英語教材よりも、英語音声が充実し、絵や図などで英語を図解した教材の方がおすすめ。

また、小学生は未就学児と比較し、理解力や文字を認識する能力が高くなっている他、学年によっても学習能力が大きく異なるため、対象年齢に合った教材を選ぶことも大切です。

小学生向け英語教材の選び方 その2
質の高いリスニング教材が付属しているものを選ぶ

勉強

「読む」「書く」「聞く」「話す」という英語4技能のうち、特に「聞く」力は英語学習を開始した頃から鍛えたほうがいいとされています。

先に「聞く」力を鍛えるのは、英語の音やスピードに慣れ、「英語耳」を早い段階から養うことで、英語のリズムや発音・イントネーションを身につけることができるため。また、「英語耳」は「聞く」力に加え、「話す」「読む」「書く」といった他の技能を伸ばす上でも高い効果が期待できます。

ちなみに、「英語耳」を養うには、家庭での生活の中に自然な形で英語を取り込むこと、ネイティブの発音で英語が学べる教材を選ぶことが重要です。お手本となる、正確できれいな発音を英語学習の初期に聞くことで、リスニングやスピーキング等に加え、単語や文法、読み書き等の英語学習がスムーズになるため、英語教材を選ぶ際は、質の高いリスニング教材かどうかをチェックしておくと安心です。また、音声と文字・絵を結び付ける学習ができる教材もおすすめ。
さらに、「英語に初めて触れる・慣れる」というレベルをクリアしており、総合的に英語力を鍛えたい場合は、「聞く」力だけにこだわらず、英語4技能をバランスよく学べるかどうかもチェックすると良いでしょう。

小学生向け英語教材の選び方 その3
楽しく学べる教材を選ぶ

家庭での英語学習では、子供が飽きずに続けられるかという点も非常に重要です。英語教材の内容や質をチェックするのはもちろんですが、子供が英語に興味を持って学べるよう、楽しみながら取り組める教材を選ぶことも大切
小学生向けの英語教材のなかには、絵やデザインがカラフルで楽しめる、キャラクターが出てくる、ゲーム要素がある、音楽や歌を聴きながら楽しく学べる等、子供が楽しく学べる工夫がされているものが多くあります。子供の嗜好や相性に合わせて英語教材を選ぶのもおすすめ。

02小学生におすすめの英語教材を比較

本チャプターでは、小学生におすすめの英語教材を厳選してご紹介します。
教材の特徴や学習内容、料金に加え、学べる英語スキルやおすすめのポイントについても比較していますので、小学生におすすめの英語教材を探している方は、上記でご紹介した「小学生向け英語教材の選び方」の内容も踏まえ、子供に合った英語教材を見つけましょう。

Challenge English(チャレンジイングリッシュ)

対象学年 小学1年生~6年生
料金例
12カ月分一括払い
通常価格:38,880円(税込) ※1カ月あたり3,240円
会員特別価格:24,480円(税込)※1カ月あたり2,040円
毎月払い
通常価格:3,300円(税込)
会員特別価格:2,100円(税込)
※入会金不要
※上記金額は小学1~5年生開始の場合。小学6年生は、12カ月分一括払いの場合、開始月によって金額が異なる。
※会員特別価格は、「こどもちゃれんじ」「進研ゼミ」会員の場合に適用
教材の形式 オンライン教材
学べる英語 文法、単語、リスニング、スピーキング
チャレンジイングリッシュのおすすめポイント
  • 英語を初めて学ぶ小学生から英検3級レベルまで幅広く対応した8段階のカリキュラム
  • 月1回、外国人講師によるオンライン英会話レッスンが付帯
  • ネイティブの発音で英語を学べる

Challenge Englishの特徴

Challenge English(チャレンジイングリッシュ)は、「進研ゼミ」でおなじみのベネッセが提供するオンライン型の小学生向け英語教材。パソコンやタブレット等を使用し、自宅で英語を学習することができる。
チャレンジイングリッシュの特徴は、受講生のレベル別に8段階のカリキュラムを用意している点。英語に初めて触れる小学生向けの簡単なレッスンから、英語で自分の意見を言う英検3級レベルまで幅広く対応している。
また、チャレンジイングリッシュでは、受講回数に制限がなく、「聞く・話す・読む・書く」の英語4技能をバランスよく伸ばすことができるタブレットを使った「デジタルレッスン」を中心に、外国人講師による月1回の「オンライン英会話レッスン」(※マンツーマン。1レッスン約15分)、レッスンの定着度を確認する月1回の「ステップアップテスト」が受講可能。インプットとアウトプットをバランスよく行うことで、「使える英語」を着実に身に着けることができる。
ちなみに、外国人講師によるオンライン英会話レッスンは通常、月1回となっているが、追加料金700円~で、さらに回数を増やすることが可能。さらに、補助教材として英単語や文章の「書く力」を伸ばす紙媒体のワークブックも付属し、オフラインでの学習が可能となっている点もチェックしておきたい。
チャレンジイングリッシュは、幅広いレベルの英語学習ができ、デジタル教材とオンラインレッスン、紙の教材を組み合わせることで様々な英語のスキルをバランスよく学ぶことができる。英語4技能を総合的に身に付けたい場合におすすめの小学生向け英語教材といえるだろう。

Challenge English 公式サイトへ

スマイルゼミ 小学生英語 プレミアム

対象学年 小学1年生~6年生
料金例
標準クラス+英語プレミアムHOP/STEP申込み(月額払い)の場合
1年生:月額4,390円(税抜)
※標準クラス3,600円+英語プレミアム790円
2年生:月額4,690円(税抜)
※標準クラス3,900円+英語プレミアム790円
3年生:月額5,190円(税抜)
※標準クラス4,400円+英語プレミアム790円
4年生:月額5,690円(税抜)
※標準クラス4,900円+英語プレミアム790円
5年生:月額6,190円(税抜)
※標準クラス5,400円+英語プレミアム790円
6年生:月額6,690円(税抜)
※標準クラス5,900円+英語プレミアム790円
※上記の他に、専用タブレット代として9,980円が別途必要。
教材の形式 タブレット教材
学べる英語 文法、単語、リスニング、スピーキング
スマイルゼミのおすすめポイント
  • 楽しく継続して学べるゲーム形式を採用
  • 学習状況や理解度を専用サイトでチェックできる
  • 絵本や歌などをネイティブの発音で聞ける

スマイルゼミ 小学生英語 プレミアムの特徴

スマイルゼミ 小学生英語 プレミアム(以下、スマイルゼミ)はタブレット学習型の小学生向け英語教材。保護者向けのポータルサイト「リセマム」が実施している2015年度子供英語教材満足度調査において「子どもが好きな英語教材」「効果がある英語教材」など、合計4部門で賞を獲得する等、小学生向け英語教材の中でも、利用者からの評価が高い。
スマイルゼミの特徴は、タブレットを使い、ゲーム形式で学習を進めることができる点。スマイルゼミでは、「スターナビ」と呼ばれる、問題を解き、スターを集めることでゲームや着せ替えができるシステムを採用しており、子供が楽しみながら学習を継続できるようになっている。
学習内容は、ネイティブの発音を「聞く」リスニングを中心に、「話す」「読む」「書く」の英語4技能をバランスよく学習することが可能。また、英語に初めて触れる初級レベルから英検2級を目指す高度なレベルまで幅広いレベルに対応している。
スマイルゼミは、英語を楽しく学べる工夫が多数盛り込まれているため、家庭での英語学習がなかなか継続しない場合や、中学生レベルの英語学習にも取り組ませたいと考えている場合におすすめの小学生向け英語教材。

スマイルゼミ 小学生英語 プレミアム 公式サイトへ

ハッピーイングリッシュ

対象学年 5歳~12歳
※内容としては中学3年生レベルの英文もあり、中学生も利用可能
料金 29,800円(税抜)
教材の形式 テキスト、CD、DVD
学べる英語 発音、リスニング、スピーキング
ハッピーイングリッシュのおすすめポイント
  • リスニングとスピーキングに重点を置いた小学生向け英語教材
  • 14日間の全額返金保証付き
  • ネイティブの音声をリズムに合わせてリピートする「チャンク&リズム」

ハッピーイングリッシュの特徴

ハッピーイングリッシュは、テキスト・CDを利用したリスニング・スピーキング重視の小学生向け英語教材。コペル英会話教室室長で、カリスマ英会話講師として著名なイムラン・スィディキ氏が開発した小学生向け英語教材で、「1年でネイティブレベルの英語を話せるようになる」をコンセプトに作られている。
ハッピーイングリッシュの特徴は、ネイティブの音声を何度も繰り返し聞き、真似ることでネイティブ並みの発音を身に付けるカリキュラムとなっている点。音声教材には、使う場面をイメージできない英文は極力含ず、「朝ごはんは何?」といった家庭での会話ですぐに使えるフレーズが厳選されている。さらに、「チャンク&リズム」と呼ばれるビート音に乗せて英文をリピートするレッスンも組み込まれており、英語のリズム感を楽しく身に付けることが可能。
また、ハッピーイングリッシュは買い切りの英語教材だが、14日間の全額返金保証が付帯する点もチェックしておきたい。
ハッピーイングリッシュは、スピーキング・リスニングを重視した小学生向け英語教材。子供にネイティブに近い英語を話せるようになってほしい、綺麗な発音を身に付けさせたいと考えている場合におすすめだろう。

ハッピーイングリッシュ 公式サイトへ

フォニックス(小学生のフォニックス新装版 書いて覚える楽しいフォニックス

対象学年 小学校低学年~中学年
料金例
小学生のフォニックス
1,620円(税込)
新装版 書いて覚える楽しいフォニックス
2,000円(税込)
教材の形式 テキスト(CD付属)
学べる英語 リスニング、発音、単語、アルファベット
フォニックスのおすすめポイント
  • 知らない単語でも発音できるようになる
  • 聞き取った単語のスペルをかけるようになる

フォニックスの特徴

「小学生のフォニックス」、「新装版 書いて覚える楽しいフォニックス」は、テキスト型の小学生向け英語教材
ちなみに、フォニックスとは英語の発音と文字(スペル)を結びつけるためのルールのこと。フォニックスを習得することで、「知らない単語でも正しい発音で読めるようになる」「聞き取った単語のスペルを書けるようになる」といったメリットがあり、英語圏の子供や、外国人が英語の読み方を簡単に身に着けられる方法として広く用いられている。
「小学生のフォニックス」、「新装版 書いて覚える楽しいフォニックス」では、アルファベットから学習をはじめ、CD教材とともにフォニックスのルールを学習することで「英語耳」を育て、知らない単語でも読めるようになる、という英語の基礎から応用までを幅広くカバー。さらに、中学校の英語学習でも役に立つ発音や単語力を身に付けることができる。
フォニックスは、発音やリスニングに加え、読み書きの能力を鍛えたい場合におすすめの小学生向け英語教材と言えるだろう。

amazonでチェック!

Column 英語耳は何歳までに作られる?

子ども

英語学習は子供が小さいうちから始めると良いと言われていますが、実際には何歳頃までに始めると英語耳が育ち、綺麗な英語の発音を身に付けることができるのでしょうか?

個人差はありますが、「9歳の壁」という言葉もよく使われているように、一般的には9~11歳頃までに英語学習を始めると英語耳が養われると考えられます。

その理由は、9歳~11歳頃までに言語や音に対する処理能力が完成するため、この時期までに英語学習を開始すれば、日本語と英語の発音の違いや、言語音声が持つ周波数帯の違いや抑揚・リズム等を認識できるようになるからです。
ちなみに、日本語は、母音中心の言語で、母音や子音の種類も少なく、周波数は低くなっていますが、英語は子音の種類が多く、「f」「p」等の摩擦音や破裂音、「r」「l」等のような舌を使う音など、強く発音する子音は周波数が高くなっています。また、英語は言葉に強弱があり、抑揚が多くリズミカルな言語です。
そのため、可聴周波数帯が広く、音やリズムに敏感な子供のうちは、「英語耳」や「英語のリズム感」を鍛えるのに重要な期間
英語耳を鍛え、子供に綺麗な英語の発音を身につけさせたいと考えているのであれば、遅くとも9歳~11歳頃までに英語学習を開始するのが良いと言えるでしょう

ただし、もし9~11歳を過ぎてしまった場合でも、「英語耳」を作ることができないわけではありません。シャドーイングをはじめ、リスニングの訓練を行えば、「英語耳」を鍛えることができます。「9~11歳」はあくまで目安。子供は大人と比較して吸収力や順応性が高いため、もし、子供の英語学習開始が11歳を超えてしまった場合でも、「英語耳」を養うことが十分可能である点は、覚えておくと良いでしょう。

03小学生におすすめの英語教材を比較 ~まとめ~

小学生におすすめの英語教材を比較した今回の特集はいかがでしたか?

小学校等で突然外国語に触れ、英語への違和感を解消できないまま授業が進んでいくと、英語が苦手と感じてしまい、英語への理解がストップしてしまうケースもあるため、小学校での英語学習をスムーズにスタートさせるためには、家庭での英語学習が重要です。
その際、オンライン英会話を利用するのも一つの方法ですが、英語教材を使用して、家庭などのリラックスできる環境で子供が自分のペースで英語に触れ、慣れるのも有効な方法
また、既に英語学習がスタートしている小学生の場合でも、小学生向け英語教材を利用し、家庭で学習のサポートをすることで、中学校で本格的な英語学習が始まる前に英語への抵抗を少しでも減らすことが可能です。

家庭での学習用に小学生におすすめの英語教材を探している方や、子供の英語教育に悩んでいる方は、本特集を参考に、子供に合った小学生向け英語教材を選びましょう!