「千と千尋の神隠し」を英語にすると?邦題と英語版でタイトルが異なる映画をチェック!

MENU

英語版タイトル Spirited Away

邦題『千と千尋の神隠し』

解説

英語版タイトル『Spirited Away』とは、1999年に日本で公開され、第75回アカデミー賞長編アニメーション映画賞を受賞した宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』のこと
引っ越し先へ向かう途中に立ち寄ったトンネルから、八百万の神々が集まる不思議な世界へ迷い込んだ10歳の少女・千尋が、元の世界へ戻るために奮闘し、成長していく姿を描いた物語です。

英語版タイトル『Spirited Away』にある、「Spirit」は「(動詞)さらう、誘拐する/(名詞)神、精霊」、「away」は「(副詞)消え去って、いなくなって」を意味しており、「Spirit Away」は、日本語にすると「神隠し」。また、「Spirited」と、「Spirit」に「-ed」が付き、過去形・過去分詞(~された)の形になっていることから、タイトル「Spirited Away」には「神隠しに遭った」の意味があると考えられます。
以上のことからも、「Spirited Away」は、神々が集まる不思議な世界へ迷い込んでしまった(=神隠しに遭う)千尋の物語にふさわしいタイトルだと言えるでしょう。英語版タイトル「Spirited Away」に注目し、本作を鑑賞するのも、作品をより楽しむためのおすすめの方法です。

Study

  • spirit away:神隠し
  • spirit:(動詞)さらう、誘拐する/(名詞)神、精霊
  • away:(副詞)去って、いなくなって、離れて

作品を見る

千と千尋の神隠し・画像
▼DVDで楽しむ
『千と千尋の神隠し』DVD
価格:3,792円(税込)
英語字幕対応
▼DVDをレンタル
TUTAYA DISCASでレンタル(30泊31日)
単品レンタル:242円(税込)+送料297円(税込)
英語字幕対応