4大英語資格を比較

将来使えるおすすめの英語資格は?

IELTS対策&勉強法

英語の資格を取ろう!と思ったら、モチベーションが下がらないうちに一歩を踏み出したいもの。しかし、そうは言ってもまずどの英語資格を選べば良いのか悩みますよね。
そこで、今回は日本でメジャーな英語資格を、様々な観点から比較していきます。紹介するのは、TOEIC、英検、TOEFL、IELTSの4つ。知っている資格も知らない資格もあるとは思いますが、ひとまず概要を眺めてみましょう。

関連特集 IELTS対策&勉強法

TOEIC 日本人のために作られた英語資格。リスニングとリーディングのみ出題される。特にビジネス界隈で人気。
英検 日本生まれの老舗英語資格。学生の間で特に人気が高い。
TOEFL アメリカ発の英語資格。海外留学を希望する学生の英語力を計るために作られた。大学院などの編入基準にも。
IELTS イギリス発の英語資格。ヨーロッパで特に認知度が高い。留学・移住の際に必要となるケースも。

00英語資格を比較

テスト技能を比較

TOEIC 英検 TOEFL IELTS
リスニング リーディング スピーキング リスニング ライティング リーディング スピーキング リスニング ライティング リーディング スピーキング リスニング ライティング リーディング

スピーキング …スピーキング
リスニング …リスニング
ライティング …ライティング
リーディング …リーディング

この中ではTOEICだけ2技能。
TOEICにはSWテストと呼ばれるスピーキング&ライティングのテストを用意していますが、別に受験する必要があります。

難易度を比較

TOEIC 英検 TOEFL IELTS
簡単 普通 難しい 難しい

難易度を考えると、最も簡単な英語資格はTOEIC。なぜならば、他の英語資格が4技能に対し、TOEICはわずか2技能だから。ライティング・スピーキングを勉強する必要もなく、問題は全て選択式のため、日本人にとって一番点を取りやすいテストだと言えます。

受験料を比較

TOEIC 英検 TOEFL IELTS
5,725円 6,900円
※準1級
23,000円 25,380円

日本人用の英語資格は受験料が安く、海外の資格はかなり高いです。金銭的負担が軽いのは前者ですが、後者も一回の試験に全力で挑むモチベーションになるというメリットがあります。

知名度を比較

TOEIC 英検 TOEFL IELTS
日本・韓国 日本 世界中 ヨーロッパ

TOEICや英検といった日本独自の英語資格は、海外では残念ながら知名度がありません。どんな場面で資格を使いたいのか考えましょう。

使い道を比較

TOEIC 英検 TOEFL IELTS
国内ビジネス 受験 留学 留学・移住

いつか外資系企業に勤めたり、大学院留学をしたいならば、TOEFLやIELTSなどの海外で知名度が高い資格を取得すると良いでしょう。
一方TOEICは海外での知名度は全くありませんが、日本企業では高く評価されます。特に海外へ行く予定がないのであればTOEICを、外資系企業や留学を考えているならばTOEFL、IELTSを検討しましょう。

総括:おすすめ度

TOEIC 英検 TOEFL IELTS

使い道が多く、日本人が得点しやすいTOEICはやはりおすすめの英語資格。昇格・昇進の要件として利用している企業もあり、ハイスコアを取得しておいて損は無いでしょう。
ただ、TOEICにはスピーキングのテストがないので、英語のコミュニケーション能力の証明にはなりません。資格を取ると同時に英会話も磨きたいという方は、TOEICのSWテストや英検(国内企業で知名度高)、TOEFL(外資系で知名度高)を利用すると良いでしょう。

02おすすめの英語資格TOEICの対策法

1. "解き方"を学ぶべし!

TOEICには受験勉強と同じように、効率よく点をとる方法がある。真正面からぶつかるのではなく、攻略法を身につけよう。

2. 英単語を軽んじるなかれ!

地味な暗記が苦手な人も多いが、英単語の知識量で問題の難易度は大きく変化する。隙間時間にこつこつ覚えよう。

3. CDをフル活用すべし!

リスニングパートの対策にCDを導入しよう。リスニング専用の参考書を買っても良いが、TOEIC用の参考書や英単語の参考書についているCDをまずは使ってみるのが良いだろう。

Pickup! まずはここから!

TOEIC(R) テスト いきなり600点!・画像

972円(税込)

初めてTOEICを受験する人のために、問題を解くコツを解説する一冊。パート別の模擬問題を実際にときながらコツをつかむことができる。
初心者がTOEICの全体像をつかむのにも適している。

新TOEIC TEST・画像

603円(電子書籍)/961円(書籍)

TOEIC対策本の中でも、特に人気が高い英単語帳。目指すスコア別にTOEICで頻出の単語を掲載している。
音声ファイルも無料でダウンロードできるので、リスニング対策としても効果的な一石二鳥の一冊。

SWテスト

コミュニケーション能力も磨きたいなら、合わせてSWテストに挑戦。並行して4技能に挑戦した方が効果が出やすいでしょう。

Pickup! まずはここから!

DMM英会話・画像

月額3,950円

日本人は喋る機会が足りていないので、英会話のレッスンがスピーキングの上達に欠かせない。
DMMは月額約4,000円で毎日英会話のレッスンができるので、スピーキングの対策にぴったり。文法や単語の練習と並行すると、より高い効果が期待できる。

03おすすめの英語資格TOEFLの対策法

1. リーディング・リスニングは全ての道に通ず!

TOEFLテストは読む・聞く力がないと、スピーキング・ライティングの問題が解けない。まずは全てのベースとなるリーディング・リスニングを対策しよう。

2. スピーキング対策は念入りに!

スピーキングセクションは苦手とする人が一番多く、日本人が点をとりにくいパート。リーディング・リスニングと並行して対策すると効果的。

3. 解答テンプレートを身につけよ!

TOEFLのスピーキング・ライティング問題には、高得点を得られる回答のテンプレートがある。まずはそのテンプレートを把握し、いつでも引き出せるように練習をしよう。

Pickup! まずはここから!

はじめてのTOEFLテスト完全対策・画像

2,376円(税込)

初心者がTOEFLテストの全体像をつかむのに適した一冊。本番の試験よりも簡単な問題が掲載されている点もこれから勉強を始める人に嬉しいポイント。
また、同じシリーズとしてセクションごとの対策に特化した本も発売されているため、そちらを利用するのも良いだろう。

ベストティーチャー・画像

月額16,200円(税込)

外国人講師とスピーキング・ライティングセクションの対策ができるオンライン英会話。
レッスンでは左で紹介した旺文社のTOEFL対策シリーズを利用し、スピーキングとライティングを交互に練習。参考書から一歩進んだ対策としておすすめ。